インジケーター

水平線とトレンドラインを自動描写するインジケーター「U_MTF_SRtrend_v2」

U_MTF_SRtrend

サインなし  抵抗帯描写

BO自動売買不可能

U_MTF_SRtrend_v2はマルチタイムフレーム対応で、サポレジラインとトレンドラインを表示してくれるインジケーターです。

デフォルトでは描写するラインが多いですが、海外ではチャート解説動画などでたまに使われています。

U_MTF_SRtrend_v2インジケーターの利用方法

U_MTF_SRtrendこちらは水平線のみの描写

 

 U_MTF_SRtrend黒い反転部分は当日の期間を表しています

 

 U_MTF_SRtrend上位足で見るとラインの収集がつかなくなるレベル

 

U_MTF_SRtrend_v2は各時間帯の主要なサポレジラインとトレンドラインを一括で表示できるのはいいんですが、個別のラインごとに消すことができないんですよね。

太さを0にしても消えず、背景と色を同じにして見えなくするしか方法がないです。

なので、大きな時間足になるとチャートがラインだらけになってしまいます。また、どのラインがどのパラメータなのかもわかりにくく設定が結構大変。

亀吉
亀吉
1分足のスキャルピングで使う場合は主要ラインが見えるんで良いかもしれません
たつお
たつお
15分以上での取引ではちょっとごちゃごちゃして使いにくいですね
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

 

MT4のパラメータ設定

MT4水平線のパラメータ

パラメータは謎部分があり、『ShowSR』は水平線のONOFF、『ShowTrend』はトレンドラインのONOFFですが、『ShowH4SR』、『ShowLowTFSR』は変更しても特にチャート変化は見られず。

『ShowDayRect』は直近1日分の背景を反転してくれますが、『MaxSupportResistance』は変更しても反応変わらず。

あと、どのラインがどのパラメータかを見つける時はまず色を変えてください。そして反応したラインを見つけて、太さを変えたければ色と同じ番号のWidthを変更すればわかりやすいです。

 

 

一つ前のバージョン

U_MTF_SRtrend

こちらはU_MTF_SRtrend_v2の前のバージョンで、パラメータの『PriceLine』をtrueにするとローソク足を後方へシフトしてくれる機能がついています。

反応しない謎パラメータもないので、こちらのほうがわかりやすいかもしれないですね。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

 

関連インジケーター

TrueTL button
★正しくトレンドラインを引いてくれるインジケーター「True_TL_button」インナー・ミドル・アウター3種類のトレンドラインを引いてくれるインジケーターです。 なんとなく気になる高値安値をつなげて適当に引くトレンドラインツールとは違って、当サイトに寄稿してくださっているフィボ太郎さんが解説している「正しいトレンドラインの引き方(前半無料部分)」の手法に沿って引いてくれるインジケーターです。...
Grail-Indic
複数のトレンドラインを自動で引いてくれるインジケーター「Grail-Indic」フラクタルをベースにしたトレンドラインを自動で引いてくれるインジケーターです。波のサイズによって色分けもしてくれます。 自動売買で拾えるサインがでますが、エントリー用のロジックではありませんのでくれぐれもバイナリーオプションの自動売買化はされないように気をつけてくださいね。...
マレーチャンネル
マレーチャンネルのサポレジにラインを引いてくれるインジケーター「Murrey-levels-system」Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジにラインを自動で引いてくれるインジケーターです。 マレーチャンネルは64期間のなかで高値と安値をとり、その中で価格を8つに分割して表示します。そして区切ったそれぞれの場所によって今後の価格の動きを予測します。...
FractalSupportResistance button 1.05
サポレジラインが自動表示されるインジケーター「FractalSupportResistance button 1.05」フラクタルベースの1時間、4時間、日足、週足のサポレジラインを表示してくれるインジケーターです。 チャートに表示されるボタンで描写のONOFFが出来ます。...
チャートにラインを引くインジケーター
トレンドラインや抵抗帯が簡単に引けるインジケータ「WT_Lineas_v2.5」 サインなし  トレンドライン・水平線描写補助 BO自動売買不可能 このインジケーターをチャートにいれると、右下に...
自動でトレンドラインを引いてくれるインジケーター「WATL」自動で複数のトレンドラインを引いてくれるインジケータです。 WATLはWave Auto Trendlinesの略で、自動トレンドライン系としては非常に有名で、亜種もたくさん存在します。 これは左下に表示のオンオフができ、トレンドラインもスタンダードで使いやすいものですが、さらに多くの線を細かく引けるものなども存在します。...
IFX_ActualGuideTrendLines and SR
トレンドラインとサポレジを自動描写してくれるインジケーター「IFX_ActualGuideTrendLines and SR」 サインの出る回数 普通   サポレジ系 BO自動売買不可 インデックス なし トレンドラインと水平線が自動描写さ...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)