国内と海外FX業者の違い一覧

亀吉
亀吉
MT4ならやっぱり海外業者がおすすめなのですよ
たつお
たつお
下記に比較一覧をおいておきますが、やはりハイレバ、追証なし、価格の透明性が高いなど、日本の業者では法律上真似できない部分が多いですね

国内と海外FX業者の違い一覧

国内業者FX海外業者FX
取引方式DD方式※1NDD方式(STP方式・ECN方式)
FX業者を通して取引インターバンク市場で直接取り引き
レバレッジ規制最大25倍まで規制なし
スプレッド原則固定が多い変動制が多い
追証必要(法律でゼロカットが禁止されている)※2不要(ゼロカットあり)
ECN口座ほぼ利用不可利用可能
信託保全義務化義務化されていない
スワップ金利高い低い
MT4・MT5使えない業者が多い殆どの業者で使える
言語日本語英語が基本、日本語OKも増えた
入金方法銀行振込海外送金
クイック入金クレジットカード
国際決済サービス
出金方法銀行振込海外送金
クレジットカード
国際決済サービス
ビットコイン
プリペイドカード
出金手数料無料有料が多い
税金申告分離課税 ※3総合課税(雑所得)

※1 DD方式は相対取引とも呼ばれ、顧客の注文が業者によって操作されます。NDD方式(STP口座、ECN口座)は顧客の注文が操作される事はほぼありません。

※2 日本の追証システムは急な変動の時に資金がマイナスになる場合がありますが、海外のゼロカットシステムは資金がマイナスになっても、その損失分は業者が負担してくれる優しいシステム。

※3 国内FX業者は利益の20%が一律引かれます。しかし海外業者の場合は多く稼ぐほど税率が上がっていきます。→海外FX税金計算ツール

 

海外FXと国内FXの違い

海外の魅力はやはりハイレバレッジ、つまり少ない必要証拠金で大きな枚数のポジションがもてることが大きなメリットです。日本の業者の場合、レバレッジは法律で25倍までと決められているので海外業者の真似ができません。

亀吉
亀吉
例えば日本だと10万円でドル円2万通貨(レバ25倍)しかもてませんが、海外だと25万枚(レバ400倍)も持てますからね 
たつお
たつお
短期間で資金を2倍、3倍にするにはリスクもありますが、億超えを狙うにはどこかで通らなければいけないところですからね

 

ゼロカットシステムも海外業者の魅力です。日本では投資家を守るよりもFX業者の倒産を防ぐことを重視しているために、暴落時の損失を業者が肩代わりすることを許されていません。マイナス損失は投資家に自己責任を求めます。

しかし海外では、投資家は経済の循環を良くする重要な役目を担っているという認識がありますので、投資家の保護を優先され、口座のマイナスはFX業者または第三機関が補うというシステムが定着しています。

亀吉
亀吉
このゼロカットシステム+ハイレバの組み合わせがあるから海外では億り人が多いんですが、日本のシステムだと残念ながら無理ですわ

 

また、国内FX業者の問題点として、顧客のトレードを操作するDD方式が多いということ。

客寄せ広告では、スプレッドを極狭にしてボーナスをばら撒いて顧客を集めますが、ちょいちょい約定を操作したり、スプレッドを広げたりと、コストを見えにくくして利益を作っているんです

これは日本の投資家の投資リテラシーが低いから通用するのであって、海外でこんなことやったら投資家たちからぼっこぼこにされます。

そういう意味でも、日本の業者は長期でのんびりトレードをやる場合以外ではおすすめできません。

海外サイトを探すと、スプレッドの狭さならAVATRADE、透明度ならデューカスコピーなどが上位に評価されていますが、日本で免許を取って正式に営業している海外FX業者は、高評価を得ている海外仕様とは別物になりますので、海外の評価と国内の評価は分けて考える必要があります。(上記2社が悪いといっているわけではありません)

また、日本から海外業者につないだ場合に約定スピードが落ちるということも多く、海外のレビューがそのまま日本での評価に直結するわけではありません。

 

海外FX業者のメリット

最大レバが高いので資金効率が良い

ゼロカットシステムがあるので借金が発生しない

ECN口座の取引手数料は経費になる

MT4・MT5が標準なので業者の乗り換えがしやすい

日本の業者よりも不明な約定、スリッページ、注文取消しなどが少ない

スキャルピングや自動売買などの制限がほとんどない

取引銘柄がとても多い

ロスカット水準が低いので資金効率が良い

口座凍結が少ない

ボーナスがある

たつお
たつお
あれ?なんか一番下のボーナスですが、だめだめマークが付いていますがこれはなんでしょうか?
亀吉
亀吉
ボーナスって一見メリットなのですが、実はこのボーナスのせいでトレーダーさんたちが不当に取引コストが高い業者へ誘導されているということがあるんで、元記事で解説していますわ

海外FX業者のデメリット

口座によってはスプレッドが広い

スワップポイントが低い

信頼性の低い国の業者も紛れている

信託保全を行っている業者が少ない

入出金が少しめんどくさい

税金が総合課税

亀吉
亀吉
デメリットとして大きいのは、信託保全と税金部分ですが、ここに関しては信託保全を提供している業者を後ほど紹介するのと、税金は、専業トレーダーですと控除などを含めると約430万円の利益までは海外が安く、それ以上になると少しずつ国内FX業者の税率のほうが有利になっていきます 
たつお
たつお
ざっくりですが、年収600万円以上あって、年間200万円以上の利益を上げる予定の方でしたら国内業者のほうが税金が大分有利になりますが、それ以下でしたら、「取引コストや取引の透明性などを勘案すると変わらない」というところが本音です
亀吉
亀吉
まあ、その年の前半は海外業者を使って、中盤以降にその年のだいたいの収益を予想して国内に切り替えるという方法もおすすめですよ

 

元記事はこちらから戻れます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

口座開設数訴求