サインツール

MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事

自動売買はVPS
亀吉
亀吉
今回は、自動売買とVPSはセットで考えないと損失が発生するというお話です
たつお
たつお
自宅PCを動かしたままの自動売買ってコスパ良くないですし、アービトラージや1分足で取引をやっている人だと、PCが遅延を起こしたときに知らない間に損をしていますので、今日はVPSを詳しく解説していきますよ

VPSとはなんでしょう?

VPSを開いてみた動画撮ってみました

 

VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売買トレーダーの多くがVPSを使ってトレードしています。

VPSを使うと自宅のPCの中にもう一つPCがある状態になり、OSもWindowsなので操作性は変わらないのですが、PCとの決定的な違いとして、

①FX業者間との通信が爆速(重要)

②安定感がすごい

③セキュリティ(物理攻撃にも強い)

④コスト(トータルで見ると安くなる)

の4点です。順番に解説していきましょう。

 

 
動画のVPSはここの4GBプランです

VPSを使わないと、知らない間に負けてます

まず自動売買トレーダーがVPSを使う隠れた理由として①の通信速度の速さがあります。

『えっ?VPSって反応重いじゃん!全然速くないよ?』と思われた方。実はちょっと勘違いされてます。

これはVPSを触っただけではわからないのですが、『自宅PC ↔ VPS』の操作に関しては、お使いの通信環境に依存するのでもっさりと感じることが多いかと思います。

しかし、今回お話ししている通信速度の速さとは、『VPS↔FX業者』の通信速度です。

つまりVPSを動かしてみた時の「もっさり」と感じる体感速度とは全く関係がありません。

これに関してはVPSのスペックが十分足りているという条件で、エントリー時間の履歴を見ていけばわかるのですが、約定スピードはVPSのほうがPCよりも早いです。

そのため、高速な約定が必要なアービトラージ系のツールや1分足での自動売買を動かしている人はVPSを使わないと約定が遅れるのではっきり言って負けます。

ツールの開発者はバックテストをやりながら制作していきますが、遅延は起こらないことを前提に調整をしていますので、PCからだと本来の勝率どおりにならない場合があります。

たつお
たつお
なにも知らない短期売買トレーダーはここですでに負けているんです・・・

 

次に②の安定感です。VPSはパソコンの電源を落としてもVPSの電源は落ちません。24時間動いています。もちろんVPSのメンテナンス等は入りますが、基本的にそれ以外で落ちることは年に1回あるかないかです。停電でも落ちません。

自動売買において安定性は非常に重要で、電源が落ちてエントリーができなかったということがないように、VPSは導入したいものです。

亀吉
亀吉
PCだとWindowsアプデとかで勝手に再起動されて自動売買が止まるリスクもありますし

 

そして③のセキュリティです。これはそもそもVPSにエントリーするためにはID、パス、VPSの位置情報が必要で外部からのエントリーはそもそも不可能です。個人のVPSハッキングの話なんて聞きません。

また、パソコンにコーヒーをこぼして壊れても、泥棒に盗まれてもデーターはVPSに置いてあるので、他のパソコンからアクセスすればデータは無事です。もちろん自動売買も止まりません。もう恐ろしいくらいのセキュリティの高さ。

たつお
たつお
極端な話をすればスマホからも見れるんで、パソコンすらいらなくなるんです

 

FXやハイローオーストラリアでの、たった1勝分の稼ぎで借りられるVPSを導入しない理由はここまでのメリットを聞けばほとんどないと言っていいでしょう。

それでは次に④のコストについては次で詳しく見ていきましょう。

 

VPSは電気代もパーツの磨耗も抑えられる

VPSの運用コストですが、自動売買の場合は24時間PCを動かすことになります。

そこで電気代を試算してみますと・・・

2020年モデルのノートパソコン(Core i7)でMT4を動かすと、電気代は1時間あたり2円程度になります。

普通に1日2時間使ったとすると電気代は4円になりますが、24時間稼働の場合は1日48円ほど電気代がかかります。

(ゲーミングPCだとこれの倍以上の電気代かかります)

たつお
たつお
つまり24時間自動売買する場合は、普通の利用に比べて電気代が月に1320円くらい高くなるんですよね

※通常1日2時間使用=月120円、24時間使用=月1440円で計算

亀吉
亀吉
でもVPSだと電気代はかからないし、24時間PCを動かすとパソコンは壊れやすくなるから、結局VPSを使ったほうがトータルコストは安くなる場合が多いんですわ
たつお
たつお
特にHDDが壊れてデータふっ飛ばして泣きを見るって人が本当に多いですからね
亀吉
亀吉
自動売買って動かし始めたら楽ちんですが、事前準備だけはちゃんと整えてあげないと勝てないので、VPSまではちゃんと準備してくださいね

 

VPS利用時の注意点

さて、ここまでVPSの良いところを紹介してきましたが、実は良いことばかりではありません。

亀吉が使っていてデメリットと感じた下記の3つもご紹介しておきます。

1、ハイローオーストラリアからVPSがブロックされた

2、VPSを放置してたら知らないうちにMT4が落ちていた

3、やっぱりなんとなく重く感じる

 

ハイローオーストラリアからVPSがブロックされた

まずはVPSブロック問題です。

実はVPSを使ってハイローオーストラリアで自動売買を行うと、ランダムでVPSからのアクセスがブロックされます。

ハイローオーストラリアはIPアドレスで区別していますので、VPNを通せば再び使えるようにはなりますが、速度低下は免れません。

また、全てのVPS業者がブロックの対象で完全にランダムですので、昨日まで使えていたのに突然トレード終了という事態に陥ります。

そのため、ブロックに備えて、割引があるからといって長期契約はするべきではありません。かならず1ヶ月単位での契約にして、いつでも他社に乗り換えられるようにしておくリスクコントロールが必要です。

たつお
たつお
ちなみに僕は、昨年1度ブロックされました!

 

放置してたら知らないうちにMT4が落ちていた

続いてのデメリットとして、長い間VPSを放置していたらMT4が落ちている事があるお話です。

これは低スペックのVPSでたくさんの通貨を動かすと起こります。

例えばMT4で17通貨同時に自動売買すると、予告なしでMT4が落ちたりします。この率はPCで行うよりも少し高いと思います。

1週間位チェックせずに久しぶりに見たら自動売買が止まっていると結構ショックですので、対策としては、LINE通知がついている自動売買システムをつかったり、インジケーターのSMS通知やメール通知を使って、正しく稼働しているかの通知を一日一回は届くようにしましょう。

たつお
たつお
余裕のあるスペックを選べば1ヶ月以上動かしても落ちませんが、スペックの見極めはインジケーターの重さによっても変わりますからね
亀吉
亀吉
ちなみに亀吉が代理店をやっているハイローオートは、LINE通知機能を使って稼働連絡をする機能がありますよ

 

やっぱりVPSの操作は重く感じる

VPSの最後のデメリットですが、この記事前半でお話したように、VPS↔ハイローオーストラリアの通信速度は実は早いのですが、実際に体感するご自宅のPC↔VPS間は通信速度に左右されます。

そのため、3~4通貨程度の設定だと問題ありませんが、17通貨フルを設定なんて場合だと動作が重くなり、イライラを感じながら設定することになります。

自動売買なので一度動かしてしまえばあとは放置でいいのですが、一番最初の設定はおとなしくテンプレートなどに設定を保存してしのぎましょう。

 

 

どうでしょう?ここまででVPSのメリット・デメリットはご理解いただけましたでしょうか?

次からは、実際にVPSを検討している方向けに、最近のVPSが優しくなったお話と、自動売買向けのおすすめVPS業者を紹介していきます。

 

初心者に優しくなった最近のVPS

VPSのサポートVPSの導入の壁としてなにが問題かというと、概念や導入手順がわかりにくいんですよね。

「サーバー上にもう一つパソコンがある?インストールとか手続きはどうするの?そんなの難しくてよくわからんですわーー!」

っていう人がだいたい9割くらいじゃないですかね。だってVPSなんて一般の人にはまったく関係のない技術ですからね。

しかしどうやらVPS業者もそれをよくわかっているらしく、ここ最近急激に初心者向けのサポート体制が整ってきました。

亀吉
亀吉
数年前までは専門用語のオンパレードで初心者お断りって空気だったんですわ

 

サイトの説明も専門用語が減り、VPSの導入も段階を踏んでのマニュアルが充実しているので特に心配はいりません。

特にお名前.com デスクトップクラウド(VPS)に関しては、24時間電話サポートという業界初のサービスで初心者に優しいVPS業者さんです。

また、お名前.comに関しては下記の記事で『申し込みからVPSにログインをしてMT4をインストールするところまで』を解説してみましたので、順番に進めていけば初めての人でも簡単です。

VPS設定ガイド

MT4を動かすなら次の3つのVPS業者がおすすめ!

亀吉
亀吉
初めてVPSを使う人向けの条件として、サポートのない業者はダメ。設定が難しいのもダメ。日本語通じなかったり円払いができない海外業者もダメ!
たつお
たつお
それでいてスピードと安定性とコスパが優れているとなるとだいぶ絞れますね!
亀吉
亀吉
亀吉は有名どころは全て使いましたが、初めての人向けのVPS業者はやっぱりお名前.comですな
たつお
たつお
予算あるなら、無料お試し期間があるABLENETが安定してておすすめで、ConoHaはちょっと使い勝手に癖があるけれども速いですな
亀吉
亀吉
ちなみにさくらのVPSは安定してるけど画面が小さいからパスで、XMとか海外の無料VPSは遅延が連発して安定しないので手出しは無用ですよ

 

\現在期間限定キャンペーンやってます!/

スピード 安定性 コスパ サポート
お名前.com
ABLENT
ConoHa
VPSのスペックで自動売買に重要なものがCPUとメモリです。初めてVPSを使うという方は、CPU2コア以上&メモリが2GB以上を選択。短期足での自動売買や、たくさんの通貨を同時に動かす場合はCPU4コア&メモリ4GB以上を選んで下さい。その他の仕様はここで紹介している業者なら気にしなくて大丈夫です

業者別のおすすめプランは?

お名前.comなら2.5GBプランか、4GBプラン(10通貨以上動かす場合)

ABLENETならWin2か、Win3プラン(10通貨以上動かす場合)

ConoHaなら2GBか、4GBプラン(10通貨以上)を選べばOKです。

自動売買における各プランの値段の差はスピードだけです。あとからプラン変更もできるので最初は適当でOKです。

スペックが低いVPSでは注文が少し遅れますので、秒単位の遅れが勝率に影響する1分足自動売買ではプランに余裕が欲しいです。15分足以上での自動売買ならエントリーが数秒遅れても勝率に影響が少ないので安いプランで良いですよ
VPS設定ガイド
ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)