amazon sell
インジケーター

サポレジラインが自動表示されるインジケーター「FractalSupportResistance button 1.05」

FractalSupportResistance button 1.05

サインなし  トレード補助系

ファイル形式 .ex4

フラクタルベースの1時間、4時間、日足、週足のサポレジラインを表示してくれるインジケーターです。

チャート左上に表示されるボタンで描写のONOFFが出来ます。

FractalSupportResistance button 1.05インジケーターの利用方法

FractalSupportResistance button 1.051時間足から月足までのラインを色分けして表示します

 

FractalSupportResistance button 1.05左上のボタンで表示のON-OFFが可能です

 

水平ラインが引かれる基準であるフラクタルは、5本のローソクの真ん中が頂点と確定した時に出現します。

フラクタルが確定した箇所には特にサインを表示せず、水平線のみを表示しているのでどこのフラクタルパターンを採用しているのかわかりにくいですが、各時間足ごとに一番新しいフラクタルを拾って表示しているようです。

フラクタルは色々なインジケーターのベースとなっており、抵抗となる価格を示すもので、表示されているラインはある程度有効な抵抗帯として働きます。

亀吉
亀吉
短い足でトレードしてると上位足の抵抗帯ってついつい忘れてしまうので、こういうのはなんでもいいから1個表示しておいたほうが良いんですな
たつお
たつお
水平線の精度の高さですとやはりフィボ太郎さんの水平線になりますが、自動で表示されるのはやっぱり楽ですからね~
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

パラメータ設定

FractalSupportResistance button 1.05

パラメータは基本的に表示に関する設定で、ラインの色や太さの変更が可能です。

 

自動売買はVPS
VPSを使えばPCの電源を切っても自動売買が可能に! VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、PCか...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。