インジケーター

ダイバージェンスをわかりやすく検知「fx5-divergence-v4-indicator」

ダイバージェンスを感知するインジケーター

サインなし  ダイバージェンス系

サブチャートにMACDの亜種であるOsMAを表示して、価格とオシレーターの逆行現象であるダイバージェンスを表示するインジケーターです。

ダイバージェンスにはヒドゥンダイバージェンスという形も存在しますので、こちらで詳細を確認してください。

fx5-divergence-v4-indicatorインジケーターの利用方法

OsMAのダイバージェンスOsMAは山のメリハリがあるのでダイバージェンスが見やすいです

 

 OsMAのダイバージェンスメインチャートとサブチャートのラインの数は2対になっています

 

ダイバージェンスの感知にOsMAを使うのは良いアイデアですね。OsMAは反応が早くてヒストグラムの形成がはっきりしているため、ダイバージェンスがはっきりと形成されます。

同じ始点から複数のラインが出ている時は、その後大きな動きになる可能性もあがります。

ただし反応が早すぎてダマシもそこそこにあるので、パラメータから調整が必要かもしれません。

亀吉
亀吉
ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスは似た形ですが、その後の方向が逆になるので形の理解は必須ですよ
たつお
たつお
間違えると大事故になるのでご注意くださいね
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

OsMAのダイバージェンス

『fastEMA』と『slowEMA』を変えるとラインを引かれる位置が変わりますが、通貨によって設定が異なるので検証しながらの変更が必要です。

『Signal』の値を増やすとライン条件を厳しくして数が減ります。

『PositiveSensitibity』と『negativeSensitibity』を増やすと小さなラインはカットされます。ここは1桁0を減らしても良いかもしれません。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。