サインツール

MACDのダイバージェンスサインツール「macd colors divergence」

macd colors divergence

サインの出る回数 多め   万能系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

MACDとローソク足のダイバージェンス(逆行現象)を感知してエントリーサインを出してくれるインジケーターです。

逆行現象にはダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスがありますが、そのどちらにも対応しています。

macd colors divergence利用方法

ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違い(インジケーター倉庫)ダイバーとヒドゥンでは発生した後の動きが異なるので要注意です

 

macd colors divergence価格は上がっているのにオシレーターは下がっている逆行状態

 

macd colors divergence調整すると良いところでサインがでるようになります

 

ダイバージェンスは、オシレーターは限界を示しているのに、価格がそれを無視して進行しているような相場の歪みを視覚化したもので、数あるテクニカルの中でもかなり再現性が高いものです。

RSIやストキャスティクスなどのオシレーターでもダイバージェンスは発生しまして、どのテクニカルのダイバージェンスが優れているとかは無いのですが、このMACDのダイバージェンスに関しては初期設定だと比較的反応が早く、小さな逆行を取っていくものでダマシは少し多めです。

パラメータからMACDの移動平均期間を少し長めにしてやったほうが良い結果がでそうではあります。

亀吉
亀吉
その他のダイバージェンスインジケーターに関してはこちらを参考にしてください
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーターの制作代行業者
EAやサインツールを制作代行してくれるおすすめ業者 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

macd colors divergence

サイン頻度に関しては『FastMa』と『SlowMa』で調整してください。

『TimeFrame』に15(分)や60(分)などの数字をいれてマルチタイムフレーム表示も可能です。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。