インジケーター

マルチタイムフレームで滑らかな移動平均線を表示するインジケーター「All time frame T3」

All time frame T3

サインなし  トレード補助系

BO自動売買不可能

移動平均線(MA)を2回平滑化したT3MAを、マルチタイムフレームで表示するインジケーターです。

T3MAは補助的に使われることが多いのですが、表示のONOFFができるようになったことで、かなり便利に使えます。

All time frame T3インジケーターの利用方法

T3MAの比較こちらは左がT3MAで右がMAです

 

マルチタイムでT3MAを表示する「All time frame T3」マルチタイムフレームですべての時間を表示させたところ

 

時間設定右下のパラメータで表示のONOFFが可能です

T3MAは、『線が滑らか=ダマシが減る』という考えに基づいて作られている移動平均線です。

日本で移動平均線といえばEMAなどが人気ですが、海外ではT3MAを標準で使っているトレーダーさんも多いです。

『移動平均線の移動平均線』の値を取りに行く計算式なので、反応は遅くなりますがRSIやストキャスティクスなどのオシレーターと組み合わせた場合に、過度な反応が減るようになります。

亀吉
亀吉
これ、マルチタイムフレームが備わって結構使いやすいかも
たつお
たつお
補助的な意味合いの強いインジケーターですから、ONOFFはかなり便利ですね!
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

パラメータ設定

パラメータ

T3MAの標準Periodは、通常ですと『4』に設定されていることが多いのですが、『14』に設定されています。

T3MAを使う人はどちらかというと『短い期間なのに滑らか』ということを求める人が多いので、T3MAらしく使うならばここは短めにしても良いかと思います。

また、聞き慣れない『T3 filter hot』ですが、この値を減らすと平滑化の度合いが増え、増やすと平滑化の度合いが弱くなって反応が鋭くなります。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)