インジケーター

ボラティリティによって感度が変化する移動平均バンド「Vidya zone 2.1」

サインなし  移動平均線系

ファイル形式 .mq4

Vidyaは相場がよく動いている時は価格に敏感に反応し、動きが少ない時は反応を遅くしてレンジなどのだましを軽減できる移動平均バンドです。

パラメータからバンドの時間足を変更できるマルチタイムフレームに対応しています。

Vidya zone 2.1インジケーターの利用方法

Vidya zone 2.1似たようなインジケーターであるエンベロープとの比較。VIDYAはボラティリティがなくなるとラインがすぐに水平になります

 

Vidya zone 2.1平行になっているところは基本レンジなのでエントリーはしません

 

 Vidya zone 2.1このようにバンドに角度がついた状態で順張りが基本

 

Vidya zone 2.1バンドは抵抗帯として機能します

 

Vidya zone 2.1の使い方としては、バンドが水平のところではエントリーせず、バンドに角度がついてバンドの上か下にぬけている所でその方向へ順張りエントリーです。

レンジからトレンドへの転換は少し反応が遅いので、プライスアクションやフィボ太郎さんの水平線などをサポートに使うのを推奨です。

マルチタイムフレームに対応しているので、ひとつ上の時間を表示させると結構使いやすいインジケーターになります。

亀吉
亀吉
VIDYAは他にもシリーズがあります。こっちに置いておきますね
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

Vidya zone 2.1

『CMO period』は価格への追従性の設定、『Smoothing period』は滑らかさの設定で、移動平均線でいう期間に近い動きをします。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

その他のVIDYAインジケーター

Vidyaインジケーター(MT4)
ボラティリティによって反応が変わる移動平均線「Vidya cmo 1.12 mtf」 サインなし  移動平均線系 BO自動売買不可能 ファイル形式 .mq4 Vidyaは相場がよく動いている時...
Vidya_flインジケーター(MT4)
ボラティリティにより反応が変わる移動平均線「Vidya_fl」 サインなし  移動平均線系 BO自動売買不可能 ファイル形式 .mq4 VIDYAは相場がよく動いている時...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。