インジケーター

ATRから、利確と損切り位置を自動計算「No_Nonsense_ATR_-_without_window」

ATRで利確・損切り位置を教えてくれるインジケーター

サインなし  資金管理系

ファイル形式 .mq4

ATRを利用して、クリックしたローソク足の終値から利確(TP)と損切り(SL)を表示してくれるインジケーターです。

ローソクを1回クリックでロングを計算、2回クリックでショートを計算してくれる便利な仕様です。

No_Nonsense_ATR_-_without_windowインジケーターの利用方法

ATRから損切り位置を計算クリックしたローソクの『終値』から算出

 

ATRで利確・損切り位置を教えてくれるインジケーターATRが低いところでは利確損切り幅は狭くなりますが

 

ATRで利確・損切り位置を教えてくれるインジケーターATRが大きいところでは利確損切り幅も大きく広がります

 

ATRに準拠した利確・損切りの算出は非常に理にかなっていますので皆さんにマスターしてもらいたいです。

ただ、インジケーターのロジックとしてはATR×1.5倍が損切り位置、ATR×1.0倍が利確位置とシンプルなものですので、例えばフィボ太郎さんの水平線のような抵抗帯を明確にしてくれる手法とあわせて使うとよく確率が上がります。

もちろんATRの倍率はパラメータから変更可能ですよ。

亀吉
亀吉
他に損切り位置関連のおすすめインジケーターといえばLot Size Calculatorrisk-reward-ratioなんかがありますな
たつお
たつお
トレード初心者さんは早いうちにこういったインジケーターで、エントリ時に利確損切りを決める癖をつけることをおすすめしますよ
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

ATRで利確・損切り位置を教えてくれるインジケーター

初期設定幅だと狭すぎるという方は『TP MULTIPLIER』を増やせば利確幅を、『SL MULTPLIER』で損切り幅を広くすることができます。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。