ATR(アベレージトゥルーレンジ)

Average True Range

ATR(Average True Range)とは、相場がどれだけ動いているか(ボラティリティ)をはかる価格変動指標です。トレーダーはこの指標を使って、ボラティリティを視覚的に判断することができます。

MT4のローソクの長さはチャートを動かすと自動的に調整されてしまい、ボラティリティの判断はローソクの長さからはできませんので、必ずATRで判断するようにしましょう。

ATRはMT4のナビゲーターの『オシレーター』フォルダのところに『Average True Range』という名前で標準でインストールされていますし、もし入っていない場合は下記からもダウンロードができます。

 

 

ATR概要

ATRのボラティリティドル円のボラティリティは2017年からずっと下がり、難しい時期に突入中

 

ATRは、特定の期間における資産の価格変動の指標です。

ATRの値は、一般的に14の期間に基づいて計算されます。期間は、月、週、日、または日中のいずれかです。

ATRの値が高ければ、資産の市場価格の変動が大きいことを意味し、値が低ければ価格の変動が小さいことを意味します。

たつお
たつお
MT4を使っているとローソクのサイズが自動調整されてしまうので、ATRが高いときと低いときでは同じ長さでもpips数が3倍位違ったなんてことがありますが、ATRを表示しておけばそんなミスも無くなります

ATRの計算方法

ATRの計算をするには、まず一連の値幅を計算する必要があります。

特定の取引期間において、ATRは以下の絶対値の最大値となります。

1. 現在の高値 – 現在の安値

2. 現在の安値-前回の終値

3. 現在の高値-前の終値

最初の14期間のATR値は、上記の方法で計算されます。その後の14期間のATRについては、以下の式を使用します。

現在のATR = (以前のATR * 13 + ATR) / 14

ATR値が大きくなっている場合は、市場の値動きが活発になっていることを意味し、ATR値が低い場合は、市場が落ちついていることを示します。

ATR値が高いときと低いときではエントリーロットを適切に変更しないと取引リスクは増大します。

ATRを利用したインジケーター

たつお
たつお
ここで紹介するインジケーターは全てATRが組み込まれているものですので参考にしてみて下さいね
ATRインジケーター
ボラティリティからロットや損切り幅を自動計算するインジケーター「ATR-Risk-Calculator-Indicator」 サインなし  ロット自動計算・資金管理 BO自動売買不可能 こちらのATR-Risk-Calculator-In...
ATR with values
ATRから利食いと損切りラインを自動計算してくれるインジケーター「ATR with values」ATR with valuesはローソク足をクリックするとその時のATRの値から、自動で買いと売りの利確と損切りラインを描写してくれます。...
ATR-Channels mtf alerts + arrows
ATRをボリンジャーバンドのように表示するサインツール「ATR-Channels mtf alerts + arrows」移動平均線の上下にATRを基準にした偏差を描いてくれるインジケーターです。 バイナリーオプションの自動売買で拾えるサインがでますが、ハイかローかの値を出力しない矢印なので、矢印を直接読み取るオブジェクト型対応か、アラートを読み取る自動売買システムを使って下さい。...
Starc Bands
ATRを加味したバンドを表示するインジケーター「STARC Band」スタークバンド(STARC Band)は中央に移動平均線(MA)を配置し、上下にバンドを表示しているので見た目はボリンジャーバンドですが、ATRの値を加味してバンドを表示する特徴があります。...
サインツール
MAとATRでトレンドを視覚化するサインツール「VoltyChannelSystem_v1.0 600+」 サインの出る回数 普通   押し目順張り系 BO自動売買可能  インデックス HIGH6 LOW7 このインジケ...
サインツール
★FX向け平均足とATRを使った順張りサインインジケーター「ATRTH」 サインの出る回数 少なめ   順張り系 BO自動売買可能  インデックス HIGH0 LOW1 平均足とハル移動...
口座開設数訴求