インジケーター

複数時間のローソク足の状態を一覧表示「Candle Direction」

Candle Directionインジケーター

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .mq4

1分足から月足までの直近ローソク足が、陽線(緑)か陰線(赤)でチャートに一覧表示してくれるインジケーターです。

ローソクが中立(十字足)の時は色が灰色になります。

Candle Directionインジケーターの利用方法

Candle Directionインジケーター1分足は中立、その他はすべて陽線なので上昇トレンドが発生していると判断できます

 

 Candle Directionインジケーターこちらは月足以外は下降トレンドが発生した状態です

 

こちらのインジケーターは、各時間の形成中の足(未確定の足)の状態が表示されますので、短い時間での取引で使いやすいと思います。

特にスキャルピングでは上位足の状態を把握しながらのトレードは必須ですが、一目で全体の状況がわかるのは便利ですね。

もちろん単体で使うタイプのツールではなく、他の手法と組み合わせることで力を発揮するインジケーターです。

亀吉
亀吉
フィボ太郎さんのフィボナッチのようなトレンド系手法との相性が良さそうですね
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーターの制作代行業者
EAやサインツールを制作代行してくれるおすすめ業者 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

Candle Directionインジケーター

パラメータは表示関連が中心です。

『Corner』は状態一覧の表示位置を変更するパラメータで、0がチャート左上、1が右上、2が左下、3が右下に表示するようになります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。