サインツール

ローソク足のギャップを見つけてサインを出すインジケーター「Gap_Finder_01」

窓あけを見つけてくれるサインツール

サインの出る回数 少なめ   逆張り系

ファイル形式 .mq4

ローソクの窓あけを認識してサインを出すツールです。

ローソク足の終値と次の始値が設定した数値よりも大きかった場合にシグナルが点灯してアラートが鳴ります。上窓が赤色シグナル(LOWエントリー)、下窓が青色シグナル(HIGHエントリー)がでます。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。

Gap_Finder_01の利用方法

窓あけを見つけてくれるサインツールギャップが発生で矢印がでます

 

窓あけを見つけてくれるサインツール慣れるまではATRとのセットで表示するのがおすすめ

 

ローソク足のギャップですが、デフォルトのパラメータ設定では0.1pipsの開きでシグナルがでるようになっていますのでお好みで調整してください。

あと当然窓あきはボラティリティがある時ほど発生率が高くなりますが、MT4のローソク足表示の縮尺は自動で調整されますので、ローソクだけ見ているとボラティリティがどれくらいあるかはわからず、窓の開き具合を目視しただけでは何pips空いているのかは判断しづらいです。

ですので、ATRを一緒に表示させて、ボラティリティを確認しながら使うことをおすすめします。

亀吉
亀吉
ちなみに「窓は必ず埋まる」っていう前提でエントリーが発生するけど、これ単体でつかう類のインジケーターではないかも
たつお
たつお
そですね、mq4ファイルなのでコードをいじるか、自動売買なら下記の記事にあるフィルターと混合で使うのがおすすめのインジケーターですね
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

パラメータ設定

窓あけを見つけてくれるサインツール

デフォルトでは『Min fap size in points』が1となっていますが、これは0.1pipsを表しています。

ですので、1pipsに設定したい場合は「10」に設定してください。(そんな大きな窓はそうそうありませんが)

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。