サインツール

★トレンドの転換と抵抗帯を利用するサインツール「one_arena」

one_arenaサインツール

サインの出る回数 多め   逆張り系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

one_arenaは価格の中心を求めるバンドと、トレンド方向を示す矢印、そして抵抗帯の目安になるグレーゾーンを利用してトレードするツールです。

半裁量で使うのが前提ですので、自動売買システム「AutoMultiTrader」での自動化は可能ですが、おすすめはしません。

one_arenaインジケーター利用方法

one_arenaサインツールこちらは白いサインと、トレンドサイン(青が買い、赤が売りの矢印)が一致したところでエントリーする場合

 

 one_arenaサインツールこちらは白い矢印がグレーの抵抗帯上で出現したらエントリーする場合

 

one_arenaには2種類のエントリーがありまして、1つはスキャルピング向けの手法で、白い矢印と、青(買い)と赤(売り)の矢印が一致したところでエントリーしていき、エントリーとは反対側の白いバンドにタッチで利確です。

もう1つは青と赤の矢印は無視し、白い矢印がグレーの抵抗帯の上で出現したらエントリーで、反対側の白いバンドタッチで利確です。こちらのほうは15分足以上でのトレード向きでエントリー回数は減りますが手堅いです。

上記2つを合わせて条件をさらに厳しくすれば勝率は更に上がりますが、エントリー数はかなり少なくなるので各自判断して下さい。

亀吉
亀吉
もちろんパラメータから各項目の変更は可能ですよ
たつお
たつお
ボラティリティのある通貨ではバンド幅などを広げるなどの調整が必要です!
亀吉
亀吉
こちらのツールはインジケーター倉庫Premierでの配布となりますよ
業者を変えるだけで損益が年間数万円変わってきます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

one_arenaサインツール

バンドの反応速度は『HalfLength』、幅は『BandsDeviations』で調整して下さい。

このインジケーターをダウンロードするとex4ファイル3つと1つのtplファイルがはいっています。

MT4の『Indicators』フォルダに同梱されているex4ファイルをコピーしてから、チャート上で右クリックして【定形チャート】→【読み込み】で同じく同梱されているtplファイルを呼び出して下さい。

 

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。