amazon sell
サインツール

★ EMAベースの順張りロジック

サインの出る回数 普通   順張り系

AutoMultiTraderでの自動売買化 △

ファイル形式 .ex4

EMA(指数移動平均)と価格の行き過ぎを感知するオシレーターを組み合わせたサインツールセットです。

ChangeToEAなどを使ってFX取引の自動化、バイナリーオプションでしたらMixArrowForAMTでサインの合成なども可能ですが、ある程度裁量判断が必要なので、完全自動化はおすすめしません。

インジケーター利用方法

サインツール基本は矢印がでた次の足でエントリー

 

サインツール矢印+オシレーターの色で判断。青が上昇、赤が下降、白は中立

 

エントリーは矢印が出た次の足で入ります。ロングの場合は上矢印+オシレーターが2つとも青色になっている時、ショートは下矢印+オシレーターが2つとも赤になっている時です。

サインは単体で多めにでますが、オシレーターの色がサインの方向に一致していない場合はエントリーを見送りますので、実際のエントリーは少なくなります。

次に利確・損切りですが、下段のヒストグラムの色がエントリー中の方向と逆の色になったら行います。例えばロングポジションを持っていた時に、ヒストグラムが赤になったら利確という具合です。

ちなみに白いヒストグラムは中立なのでポジションはそのまま保持します。

亀吉
亀吉
フィボ太朗さんのフィボナッチの方向と合わせたりすると勝率が安定しますね
たつお
たつお
こちらのサインツールはインジケーター倉庫プレミアでの配布となります
FX業者の見えない取引手数料は年間10万円以上の差が出ます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

ファイルをダウンロードすると3つのex4ファイルと、1つのtplファイルが入っていますので、ex4ファイルは全てフォルダから出して直接Indicatorsフォルダに入れてください。

その後、MT4を一度再起動し、チャート上で右クリック→【定形チャート】→【読み込み】で、同梱されているtplファイルを読み込めばチャートにセットされます。

数値を変更するパラメータは特についていません。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優良ツールは、全てインジケーター倉庫プレミアにて配布しています。 →...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。