インジケーター

ボラティリティによって反応が変わる移動平均線「Vidya cmo 1.12 mtf」

Vidyaインジケーター(MT4)

サインなし  移動平均線系

BO自動売買不可能

Vidyaは相場がよく動いている時は価格に敏感に反応し、動きが少ない時は反応を遅くしてレンジなどのだましを軽減できる移動平均線です。

パラメータから算出期間を自由に変更できるマルチタイムフレームに対応しています。

Vidyaインジケーターの利用方法

Vidyaインジケーター(MT4)

レンジになると本当に反応しなくなります

 

Vidyaインジケーター(MT4)上記は9日と21日のVidyaを表示させたもの。クロスの判断には使いにくそう

 

Vidyaインジケーター(MT4)単純移動平均線とVIDYAの比較

 

Vidyaは下降トレンドではオレンジ、上昇では青色に変わります。

レンジからトレンドへの転換はボラティリティを見てから動き出すので反応が遅く、複数のVidyaを表示させてクロスを見る場合は期間をかなり短めに設定しないと上手く機能しません。

長期の抵抗帯を判断するような用途に向いている感じですね。

亀吉
亀吉
Vidyaを直接エントリー判断に使うのは難しそうですな
たつお
たつお
単体で使って全体を俯瞰するのに使える感じでしょうかね
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

 

MT4のパラメータ設定

Vidyaインジケーター(MT4)

Vidyaの計算式には2つの移動平均線が内包されているので、パラメータにも2つの『COM period』と『Smoothing period』の2つの期間設定があります。

『COM period』はどちらかというと価格の追従性に影響が大きいパラメーターで、上下の反応はこちらで調整できます。

『Smoothing period』は滑らかさですね。通常の移動平均線の期間設定はこちらが近いです。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 FXやバイナリーオプションで使える有料級のツールを厳選して配布してお...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)