amazon sell
インジケーター

オーダーブロックを表示してくれるインジケーター「Strong Order Block Trading Indicator」

サインなし  抵抗帯表示系

ファイル形式 .ex4

価格が反転する確率が高い「オーダーブロック」と呼ばれる抵抗帯を表示してくれるインジケーターです。

チャート上から表示に関するパラメータの変更か可能です。

オーダーブロックインジケーターの利用方法

Strong Order Block Trading Indicatorサポートは青、レジスタンスは赤、マニュアルで引ける抵抗ゾーンは黄色

 

Strong Order Block Trading Indicator『OB Manual』をクリックすると黄色の長方形が表示されますので、摘んで好きなところに移動すると自動でオーダーブロックが描写されます

 

オーダーブロックは初期の段階では、レジスタンスとサポートがそれぞれ1つしか表示されませんので、右側の『OB Quantity』で表示する数を増減します。

どの時間足のオーダーブロックを表示するかのボタンもありますので、マルチタイムな分析が可能です。

注意事項として、『OB Filter』から選択できるオーダーブロックの位置を変えるフィルターに関しては、最新バージョンのMT4では上手く反応しないので使わないほうが無難です。

多機能なオーダーブロックインジケーターがほしいという方におすすめのツールです。

亀吉
亀吉
より正確な抵抗ゾーンが知りたい場合は、フィボ太郎さんの水平線を参考にしてくださいね
たつお
たつお
水平ラインはトレーダーさんによって認識があまり変わらないので、最重要なテクニカルでございますからね
本当の取引コストが安い海外おすすめFX業者
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

Strong Order Block Trading Indicator

パラメータ項目は多いですが、表示に関する項目ですので特に変える必要がありません。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優良ツールは、全てインジケーター倉庫プレミアにて配布しています。 →...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。