サインツール

複数の移動平均線の位置関係でサインを出すインジケーター「before_taberna」

before_taberna

サインの出る回数 普通   万能型

BO自動売買可能 インデックス HIGH1 LOW0

複数の移動平均線を描写し、フィルターにRSI、パーフェクトオーダーなど複数のフィルターが装備されたインジケーターです。

メインロジックは明かされていませんが、移動平均線の中で特定のラインからの乖離でエントリー判断をしているようです。

before_tabernaの利用方法

before_tabernaサインの位置を見る限りでは順張り逆張りどちらもサインがでます

 

before_tabernaピンバーなどにも反応しています

 

before_tabernaの開発者さんによると、バイナリーオプションでの利用を想定したサインツールのようです。

設定項目が多いので人によってかなり勝率が分かれるサインツールかと思いますが、トレンドもレンジもコントロールできるなかなか優秀なインジケーターかと思います。

亀吉
亀吉
このサインツール、見た目が綺麗だからなのかダウンロード数すごい多いんですよね
たつお
たつお
なお、最近海外製のインジケーターに自動売買システムによってはサインが拾えないものが増えております
亀吉
亀吉
亀吉はハイローオートでの動作確認はしてますが、それ以外のシステムを使っている場合はデモなどで試してみてくださいね
フィボナッチの使い方
日本人が知らない正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...

パラメータ設定

before_taberna

『Kperiod』は移動平均線群の期間と見せかけて、減らしたほうがダマシは減り、増やすと反応が早くなります。

『Deviation』は小さな矢印などのでる個数が変わります。ロジックが不明なのでなんともいえませんが、小さな矢印が多いと優位性が高いところにも見えます。また時間軸によっても反応が変わるので、この値の単位はpipsで判断している可能性があります。

また、下部の『PO MiddleMA Period』と『PO LongMA Period』はパーフェクトオーダーの期間で、2本のラインでトレンドを判断していますので、数値を多くすれば反応は遅くなりますが、それだけダマシを防ぐことが出来ます、

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

サインツールのパラメータ
バイナリーオプションの自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ① MT4のチ...
ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)