インジケーター

出来高を測るマーケットプロファイル「marketprofile_trendlines – BT」

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .ex4

マーケットプロファイルとは、1日の中でレートがどの価格帯に一番長く滞在したかを示す指標で、ヒストグラムで取引量をわかりやすく表示してくれます。

長く滞在したレート=多くの取引があった、つまり多くの人が注目している価格帯で抵抗力があると考えることができます。

スキャルピングにおすすめのインジケーター
スキャルピングにおすすめのMT4インジケーター14選 https://mt4-mt5-indicators.com/bonus/ スキャルピングとは? スキャルピングの定義はだい...

marketprofile_trendlinesインジケーターの利用方法

marketprofile青いヒストグラムが長いところ=取引の量が多い

 

 marketprofileオレンジ色のラインはその期間で一番取引が多かったところ

 

marketprofile_trendlinesですが、基本的にヒストグラムが長いところを抵抗が強いゾーンと考えます。

特にヒストグラムで一番長い部分の価格帯を、POC(Point Of Control)と呼び、ここにオレンジ色のラインを引いて期間中で一番強い抵抗帯の目安とします。

POCは、そこがビタビタに抵抗帯として働くわけではありませんが、上位足になるほどその周辺が抵抗ゾーンとしてしっかり働きます。

もしスキャルピングなどでカッチリと抵抗ラインを決めたい場合は、フィボ太郎さんの水平線や、実際に抵抗した回数をカウントするResistanceLineSeekerなどと組み合わせると精度があがります。

なお、自動で引かれるトレンドラインは期間内の高値安値とPOCを繋げたもので、そこまでの抵抗帯とはならないのでご注意を。

亀吉
亀吉
精度の高いマーケットプロファイルを使いたい場合はオアンダが提供しているオーダーブックという方法もあります
たつお
たつお
オーダーブックは実際にオアンダの顧客が取引したところを表示してくれるのでより信憑性が高いのです
本当の取引コストが安い海外おすすめFX業者
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

marketprofile

パラメータは初期設定のままで問題ありません。

チャート上にMPRというボタンがあり、こちらをクリックすると表示のON-OFFができますが、切替時に過去のマーケットプロファイルが表示されないバグがあります。その場合は時間足を一度切り替えると過去のマーケットプロファイルが再び表示されるようになります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。