サインツール

LWMAのクロスとパラボリックで矢印がでる「viper_rage」

viper_rageインジケーター

サインの出る回数 普通   移動平均線のクロス

LWMAのクロスでサインが出るインジケーターです。パラメータを見るとパラボリックSARのフィルターが実装されているようです。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。

viper_rage利用方法

viper_rageインジケーター白いラインはviper(毒蛇)をモチーフにしたんでしょうかね

 

viper_rageインジケーター平均足にも見えますが移動平均線が2本です

一見すると平均足を表示させているように見えますが、移動平均線を2本『9』『12』で表示し、その内側が塗りつぶされているということがわかります。

フィルターはパラボリックSARで、レンジでは矢印が多めなので期間を調整したほうが良いかもです。

亀吉
亀吉
フィボ太郎さんの水平線などと組み合わせると結構良い結果がでますね
たつお
たつお
このインジケーターで大きな流れを掴んで水平線でエントリーをタイトにするのは万能な手法ですからね!
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

viper_rageインジケーター

『SARStep』は、0.01と0.02でだいぶ変わりますので少しずつ変更推奨。

あとパラメータは『EMA』とありますが、動きをみるとLWMAかと思います。デフォルトだと少し短いかもしれないのでもう少し長くしてもよいかと。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

サインツールのパラメータ
バイナリーオプションの自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ① MT4のチ...
ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)