インジケーター

ピボットや通貨の強さなどを一括表示「TT-HL_DASH-BT」

相場環境認識インジケーター

サインなし  相場環境認識系

指定した通貨の指定した時間で高値安値やピボットの抵抗帯、トレンドの強さなどを一括表示してくれるインジケーターです。

ギャンファンフィボナッチも自動で引いてくれる機能盛りだくさんのインジケーターです。

TT-HL_DASH-BTインジケーターの利用方法

相場環境認識インジケーター初期設定では通貨ペアが多すぎるのでパラメータからいらない通貨は削除しましょう

 

相場環境認識インジケーターこちらは通貨ペアを絞ってフィボナッチを表示したところ

 

相場環境認識インジケーターギャンファンを削除して、通貨ペアも選択したものだけを表示するようにしたところ

 

TT-HL_DASH-BTは初期設定だと情報量が多すぎるので通貨ペアや表示するラインの調整は必要です。仮想通貨なども初期設定からはいっていますからね。

また、ピボット情報がメインとなりますが、実際にピボットの数値だけを表示しても結構わかりにくく、ピボットはやはりラインで表示するのが一番良いかなとは思います。

また、トレンドラインのような斜め線が放射線状に引かれますが、こちらはギャンファンといって単純に幾何学的に引かれるもので、イマイチ抵抗帯として機能するかというと微妙なのでパラメータからオフにしても良いと思います。

これだけ書くとイマイチ役に立たなそうなインジケーターですが、通貨ペア名をクリックでチャート切り替え機能はついていますし、自動で引かれる水平線もそれなりに機能していますので、普段ピボットを使っている人には便利なインジケーターです。

亀吉
亀吉
ピボットは効きやすい通貨ペアや時間帯がありますので練習が必要ですぞ
たつお
たつお
クロス円よりもドルやスイス、ユーロを絡めた通貨のほうが効きやすいとも言われますね
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

相場環境認識インジケーター

『Show current PairOnly』をfalseにすると、現在選択している通貨ペアの情報だけ表示されるようになります。

斜めのラインは『ShowFan』をfalseでオフにできます。

『TimeFrame』で時間を変更できますが、ピボットは基本的には1時間足以上の大きな足で使うのがおすすめです。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。