サインツール

様々な設定可能なスキャルピング補助ツール「Trend scalp」

Trend scalpインジケーター

サインの出る回数 多い   万能系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

サブチャートに価格の勢いを感知するラインを表示し、オシレーターの数値によって矢印を出してくれるサインツールです。

Trend scalpインジケーターの利用方法

Trend scalpインジケーターサインを出すタイミングは3種類の設定が可能です

 

Trend scalpインジケーターこちらは真ん中の0レベルのラインを超えたらサインがでる設定

 

Trend scalpインジケーターパラメータの『UpperLevel』『Lower Lebel』を超えたらサインが出る設定

 

Trend scalpインジケーター一度超えたLevelが戻ったらサインを出す設定

 

Trend scalpはRSIとストキャスティクスの中間くらいの感度で価格の勢いを計測します。

サブチャートの中心に0ラインが設定され、初期設定では上下±100のところにレベルライン設定されています。(このレベルラインを超えている間は青と赤のドットが表示され、相場が勢いづいていることを表します)

王道の使い方としては『UpperLevel』『Lower Lebel』を超えたらサインが出る設定にして順張り、一度超えたLevelが戻ったらサインを出す設定にしての逆張りの使い方ですが、単体で使うよりは、プライスアクションなどのローソクの形を重視するインジケーターをあわせて使ったほうがより勝率は上がるかと思います。

亀吉
亀吉
スキャルピング仕様で、パラメータをいろいろいじって調整するタイプのツールですよ
たつお
たつお
人によって使い方がまったく異なるサインツールですね~
業者を変えるだけで損益が年間数万円変わってきます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

Trend scalp

初期設定では赤枠の『Show arrows true/false?』falseになっているので、サインが必要な場合はここをtureに変更します。

サインの出方は青い枠のオンオフで調整してください(true=ON false=OFF)

Arrows on zero cross : 真ん中の0レベルのラインを超えたらサイン

Arrows on levels break : パラメータの『UpperLevel』『Lower Lebel』を超えたらサイン

Arrows on levels retrace : 一度超えたLevelが戻ってきたらサイン

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。