インジケーター

日足の平均値幅を表示してくれるインジケーター「T_S_R-Daily_Range_Calculator」

サインなし  相場環境認識系

日足の平均値幅を表示してくれるインジケーターです。

デイトレードなどで、平均値の目安を知れば利確ポイントなどの精度を上げることができます。

T_S_R-Daily_Range_Calculatorインジケーターの利用方法

日足の平均値幅を表示してくれるインジケーターT_S_R-Daily_Range_Calculatorサブチャートに日足のデータを表示。ATRなど他のオシレーターと共存できます

 

日足の平均値幅を表示してくれるインジケーターT_S_R-Daily_Range_CalculatorPrev 01 Day Rangeは前日の値幅、Prev 05~20 Day Rangeは、5日間や20日間など、各期間の平均値幅を示します。pointで表示されるので、1457でしたら、145.7pipsが平均値幅ということですね。

 

日足の平均値幅を表示してくれるインジケーターT_S_R-Daily_Range_Calculator Room UPは現在地からの上値余地、Room DNは下値余地です。

中央の『Maximum StopLosses』は上値余地から算出する損切りポイントです。パラメータからリスクリワード値を設定できるのですが、例えばリスクリワード値を3にすると、Room UPの上値余地を160を3で割った約53がLongの損切り許容ポイントとしてここに表示されます。

右側のT/Dayは日足の高値安値、Priceは現在価格です。

 

亀吉
亀吉
トレンドが出ている時は、RoomUP(DN)はブレやすいですが、平時なら結構近い数値に収まりますな
たつお
たつお
フィボ太郎さんの水平線などで抵抗帯を可視化しておけばより精度を上げることができますよ!
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

日足の平均値幅を表示してくれるインジケーターT_S_R-Daily_Range_Calculator

パラメータはリスクリワードの設定のみです。通常は1.5~2あたりに設定しておくのが無難です。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。