サインツール

2本の移動平均線とRSIの混合サインツール「squezed ma filtered rsi histo BT」

squezed ma filtered rsi histo BT

サインの出る回数 多め   順張り系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

ファイル形式  .ex4

2つの移動平均線の方向をバーとしてサブチャートに表示するサインツールです。

上段が短期、下段が長期の移動平均線で、平均足基準で計算されています。

squezed ma filtered rsi histo BT利用方法

squezed ma filtered rsi histo BTこのように色が揃ったところでエントリー

 

squezed ma filtered rsi histo BTサインを表示することも可能

 

squezed ma filtered rsi histo BTの表示は緑が買い、赤が売りで、両方の色が揃ったところで順張りエントリーが基本です。

色の判断に関しては、RSIもロジックに使われています。

実際に使ってみると、色が変わった瞬間にエントリーするとダマシに引っかかりやすいですが、色が何本か安定して揃った場合は強いトレンドになりやすい傾向があります。

単体でエントリー用として使うよりも、なにか別の手法のサブインジケーターとして使うとうまく機能する感じです。

亀吉
亀吉
フィボ太郎さんのフィボナッチの方向と一致させて使うとかなりよい勝率になりますな
たつお
たつお
大きな流れをみつけるのは得意なサインツールですね
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーター制作業者の見分け方
EAやインジケーターを制作代行業者に注文する時の注意事項 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

squezed ma filtered rsi histo BT

矢印を表示したい場合は『arrowsVisible』をtrueにしてください。

色の変わるタイミングの変更には色々なパラメータが関わっていますが、基本は『fast_period』『slow_period』の2つで調整です。

移動平均線の種別は「Exponential moving average」、取得するpriceは「Heiken ashi」になっていますが、反応速度を微調整したい場合はここを変更してもOKです。

一応RSIのレベル設定(Level_upなど)も可能ですが、色が変わるタイミングがガラリと変わるので、まずは移動平均線の調整をやってからのほうが無難です。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。