サインツール

RSIに移動平均線をプラスしたサインツール「RSI ma BT mod」

RSIインジケーター

サインの出る回数 普通   RSI系

サブチャートにRSIと、RSIの移動平均線を表示し、ゴールデン&デッドクロスでサインを出してくれるインジケーターです。

通貨によってはダマシが少ないクロス手法として使えます。

RSI ma BT modインジケーターの利用方法

RSIインジケーター白い点線が移動平均線で赤と緑ラインがRSI、両者がクロスでサインがでます

 

RSIインジケーターレンジはさすがに苦手なので、ある程度裁量の判断が必要

 

RSIインジケーターしかしサインの精度はなかなか高いです

 

RSIは相場の勢いを測ってくれるテクニカルですが、「RSI ma BT mod」はRSIと移動平均線を使って相場の落ち着きと加熱を見極めます。

ローソク足+移動平均線に比べてRSI+移動平均線からは読み取れる情報は少ないですが、以外にも精度が高く、波がしっかり出ているところではきちんと機能してくれそうです。

パラメータからは移動平均線もRSIも種類が選択できますので、通貨によって適正なものを選んでください。

パラメータ移動平均線とRSIのパラメータ

 

亀吉
亀吉
こちらはRSIメインなので、短期でも長期でも使えるサインツールですぞ
たつお
たつお
ATRなどである程度ボラティリティがあるところで使うのが良さそうですね!
業者を変えるだけで損益が年間数万円変わってきます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

パラメータ MT4の記号表

デフォルトでは矢印がでないので、『arrowsVisible』をtrueにしてください。

また、サインはデフォルトだとドット表示なので、わかりにくい場合は『arrowsUpCode』と『arrowsDnCode』をコード表に対応している数字に変えてください。

 

RSIインジケーター

『TimeFrame』には見慣れない文字がありますが、『First higher time frame』は一つ上位の時間を表示、『Second higher time frame』は2つ上位を、『Third higher time frame』は3つ上の時間を表示します。

ただし、TimeFrameを使うとスペックの低いPCなどではMT4がかなり重くなって落ちたりするので、通常はCurrent time frameで利用するのが無難です。

 

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)