インジケーター

トレンド形成を感知するインジケーター「R-Squared_v1」

R-Squared_v1インジケーター

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .mq4

R-Squared_v1はボラティリティを読み取りトレンドが形成されているかどうかを視覚的に判断してくれるインジケーターです。

青いラインはトレンドの予兆を視覚化したもの、赤いラインは青ラインの移動平均線です。

R-Squared_v1インジケーターの利用方法

R-Squared_v1インジケーターボラティリティを測るATRとは別物の動き

 

 R-Squared_v1インジケーターこのように値動きが少なくてもトレンド形成を感知するとラインは上昇します

 

R-Squared_v1の使い方ですが、サブチャート右側の値上限が101になっておりますが、上昇トレンドが発生する目安として、水色ラインが80以上の値をつけるか、赤いラインを水色のラインが下から上に突き抜けてゴールデンクロス発生するかで判断します。

下降トレンドの場合は水色ラインが20以下になるか、デッドクロス形成で判断します。

ロジックにはボラティリティ計測が組み込まれていますが、R-Squared_v1の値が上がることと実際の取引ボラティリティは結構異なるので、正しくボラティリティが知りたい場合はATRを使うことをおすすめします。

亀吉
亀吉
トレンド感知の反応がかなり早いので、短い時間軸ではダマシが多い傾向があります。15分足以上がおすすめですな
たつお
たつお
トレンド方向はフィボ太郎さんのフィボナッチのような手法と一致した方向にエントリーすると精度があがりますよ
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーターの制作代行業者
EAやサインツールを制作代行してくれるおすすめ業者 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

R-Squared_v1インジケーター

『Price』は計算に使う価格の設定値で、0が終値、1が始値、2が高値、3安値、4中間値、5がTP、6加重終値となります。

『Length』は算出期間で、反応速度の調整で使います。

『Smooth』は赤いラインの移動平均線の平滑化の数値で、大きくすると反応は鈍くなりますがダマシが減ります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。