★倉庫プレミアツール

★フィボナッチを使った逆張りサインツール

OLYMPトレードシステム

サインあり  逆張り系

ファイル形式 .mq4

ロジックは不明ですが、トレンドの反転でサインを出すインジケーターに、フィボナッチの条件をプラスしたサインツールです。

バイナリーオプションの自動売買システム「AutoMultiTrader」で拾えるサインがでますが、エントリーは裁量判断が必要なので自動化はおすすめしません。

※こちらのインジケーターは、MT4のバージョンがbuild1420以降では動かないのでご注意ください。

インジケーターの利用方法

OLYMPトレードシステム赤と青のフィボナッチゾーンとサインを組み合わせて使います

 

OLYMPトレードシステム売りゾーン(赤)で売りサインが出た時にエントリー可能

 

こちらのインジケーターはFX用ですが、バイナリーオプションでも利用は可能だそうで、5分足が推奨とのことです。

サインが多く表示されますが、サイン単体では使わず、売りの場合はフィボナッチの赤い売りゾーン内で売りのサインが出た時、買いの場合は青いゾーンで買いのサインが出た時のみエントリーです。

利確の目安は、エントリーしたゾーンと反対側のゾーンタッチ、損切りはゾーンをエントリーとは反対方向にブレイクした時になります。

亀吉
亀吉
ドル円など、ある程度トレンドが続く通貨向きのサインツールですな
たつお
たつお
こちらのサインツールはインジケーター倉庫Premierでの配布となります
本当の取引コストが安い海外おすすめFX業者
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

OLYMPトレードシステム

『Fib Period』でフィボナッチの適用範囲を横に広げられます。他に『Show~』のパラメータでフィボナッチに関するラインを表示できますが、エントリーとは関係の無いラインですので、非表示で問題ありません。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミア当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優良ツールは、全てインジケーター倉庫プレミアにて配布しています。 →...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。