インジケーター

TMAとATRを利用した順張り系インジケーター「mth_FastTMALine」

mth_FastTMALineインジケーター

サインなし  トレンド判断

BO自動売買不可能

TMA(三角移動平均線)がトレンド方向により色を変え、その上下にATRを組み込んだバンドを表示するインジケーターです。

mth_FastTMALineインジケーターの利用方法

mth_FastTMALineインジケーターTMAを使うインジケーターはトレンド順張り手法が一般的

 

TMA(三角移動平均線)移動平均線よりも滑らかなのがわかりますね

TMAは移動平均線をより滑らかにしてダマシを少なくしたインジケーターです。基本的には長めの時間足で利用します。

上下2本のバンドはATRを利用しているため、ボラティリティが高い時は幅が広くなり、ボラが低い時は狭くなりますので、バンドの幅をパラメータ設定で変更すれば、合理的な利確・損切り判断位置の判断に役に立ちます。

亀吉
亀吉
TMA系インジケーターはエントリーは多くないけど、安定した勝率に収まるツールが多くありますな
たつお
たつお
ダマシが少ないので自動売買に組み込まれることも多いインジケーターですね!
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

パラメータ設定

mth_FastTMALineインジケーター

『TimeFrame』で好きな時間に変更できますが、元々ダマシが少ないので無理に上位足表示しなくても良い場合が多いです。

【ATRMultiplier】でバンドの幅が変更できます。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)