インジケーター

レンジを感知してボックス表示してくれる「Magic Box」

Magic Box

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .mq4

レンジを感知してボックス表記してくれるインジケーターです。

ボックスの高値安値表示や、pips幅を表示してくれる機能も実装されています。

Magic Boxインジケーターの利用方法

Magic Boxレンジの条件はある程度調整が可能です

 

Magic Boxボックスの値幅、pips幅はパラメータからオンにできます

 

Magic Boxの使い方としては、ボックス形成中はその中で逆張りまたはノートレード、ボックスをブレイクしたところで順張りが基本です。

ボックスの継続時間は一般的なレンジ判定インジケーターよりも短めで、ボックスの判定は、はらみ足的な箇所で形成されます。

決して強固な抵抗帯ではありませんが、早い段階で形成されるのでスキャルピングなどで役に立ちそうです。

表示に関するパラメータは豊富で、アラートなどの機能もついています。

亀吉
亀吉
フィボ太郎さんのフィボナッチと波が一致した方向でブレイクといった使い方で精度が上がりますよ
たつお
たつお
基本は順張りメインの使い方が安全です!
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーターの制作代行業者
EAやサインツールを制作代行してくれるおすすめ業者 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

Magic Box

『Power』の数値を高くするとボックス描写の条件が厳しくなります。

『Box Price』はボックスの上限と下限の価格表示、『Wick Price』はボックスを飛び出したひげの高値安値価格を表示します。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。