EA(FX用)

価格への反応が早いLSMAを使ったEA「LSMA_EA」

LSMAを使ったEA
このサイトで紹介しているEAチャート画面にはラインやオシレーターなどを表示させていますが、EAはサインツールなどと違って稼働中にテクニカル指標を表示しないものがほとんどですのでご注意ください

価格への反応が早いLSMA(最小二乗移動平均線)を使ったEAです。

最小二乗法というのは、散布図などを使った誤差を伴う測定値の処理で、誤差の二乗の和を最小にすることで、最も確からしい関係式を求める方法です。

株のBLSシステムなどが導入している計算方法ですね。

LSMA_EAの特徴

LSMAを使ったEA

LSMA_EAのロジックは、「x本前のローソク足のLSMA値とy本前のローソク足のLSMA値の差がパラメータの「EntryDif_Threshold」の設置値を超えてたらエントリーで、その幅がパラメータの「ExitDif_Threshold」の設定値まで縮んだら利確です。

亀吉
亀吉
まずLSMAをチャートに入れてみて研究する必要がありますなあこれは
たつお
たつお
稼働させる通貨によっても大分結果に差がでますもんね
LSMAインジケーター
最小二乗移動平均線を色付きで表示する「LSMA in Color」インジケーター サインなし  移動平均線系 BO自動売買不可能 LSMA(最小二乗移動平均線)を使った、価格への反応が速いインジ...

 

パラメータ設定

LSMAを使ったEA

『EntryDif_Threshold』はx本前のローソク足のLSMA値とy本前のローソク足のLSMA値の差がこの設置値を超えてたらエントリー。『ExitDif_Threshold』の設定値まで縮んだら利確です。

『TradeSizePercent』は余剰証拠金に対するパーセンテージの設定(ポジションを建てる証拠金を決定する。ロット計算に使います)

『TakeProfit』は利確幅(point指定、通常10point=1pips)です。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

EAをMT4にインストールする方法

①EAをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Experts』フォルダに②のファイルをいれます。

亀吉
亀吉
ここで『Indicators』フォルダに入れちゃう人多すぎなんで注意ですわ

 

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウのエキスパートアドバイザフォルダに追加したEAが表示されているので、チャートに適用します。

⑤パラメータ画面が開きますので『全般』タブから『自動売買を許可する』にチェックを入れます。

⑥MT4上部の『自動売買』をONにしてチャート右上のニコちゃんマークがにっこりすれば稼働スタートです。

たつお
たつお
ニコちゃんが笑っていない時はどこかの設定に不備があるということですよ!
ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)