インジケーター

WPRでダイバージェンスを認識「Haos – Visual – averages 」

Haos - Visual - averagesインジケーター

サインなし  ダイバージェンス認識系

ファイル形式 .ex4

WPR系のインジケーターを使って、価格とオシレーターの逆行現象(ダイバージェンス)を表示してくれるインジケーターです。

ダイバージェンスは信頼性の高いテクニカルですが、人の目では認識しにくいのでこういったインジケーターを利用することで見落としにくくなります。

一応サインが出ますが、自動売買向きのものではないのでご注意下さい。

Haos – Visual – averages インジケーターの利用方法

Haos - Visual - averagesインジケーター複雑に見えるインジケーターですが、単純に中長期の移動平均線2本で買われすぎか売られ過ぎを表示するものです

 

Haos - Visual - averagesインジケーター初期設定(右)ではサインが出すぎるので、上位足を表示(左)すると使いやすいです

 

ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違い(インジケーター倉庫)ダイバージェンスの判断は4種類

 

ダイバージェンスにはヒドゥンダイバージェンスというパターンがあり、それぞれ売りと買いパターンを持っているので全部で4つのパターンがあります。

形は似ていますが発生後の動きは真逆になるので、この形はしっかりと覚えましょう。

また、ダイバージェンスは短期の時間足ではあまり意味はなく、できれば1時間以上くらいで利用したほうが良いです。

マルチタイムフレームに対応しているので、初期設定から一つ上の時間足にすると、丁度良いタイミングになるのでおすすめです。

亀吉
亀吉
ダイバージェンスインジケーター特集の記事もありますので、使いやすいものを選んでくださいね
たつお
たつお
ダイバージェンスは数あるテクニカルの中でもかなり再現性の高い手法なのでぜひ使いこなしてくださいね
自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーターの制作代行業者
EAやサインツールを制作代行してくれるおすすめ業者 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

Haos - Visual - averagesインジケーター

ダイバージェンスを感知するタイミングの変更は主に『Time frame』で時間軸を変更するか、『First wpr average smoothing method』と『Second wpr average smoothing method』の2項目で、ロジックの調整を行って下さい。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。