サインツール

ストキャスティクスの上位互換「DSL Stochastic Velocity MTF」

DSL Stochastic Velocity MTFインジケーター

サインの出る回数 普通   ストキャスティクス系

DSL Stochastic Velocity MTFはストキャスティクスにマルチタイムフレームを実装、パラメータの条件によって色を変えたりサインを出したりできるインジケーターです。

アラート機能などもついておりますので、MT4標準のストキャスティクスを使っている人におすすめのツールです。

DSL Stochastic Velocity MTF利用方法

DSL Stochastic Velocity MTFインジケーターサインはドットですが、変更が可能です

 

DSL Stochastic Velocity MTFインジケーターこちらはストキャスティクスの角度が変わったらサインを出す設定

 

レベルラインの表示こちらはサインのタイミングを測るレベルラインを表示した状態

 

DSL Stochastic Velocity MTFの大きな特徴として、ストキャスティクスの色が変わったところでサインを出しますが、そのタイミングを下記の5種類から選ぶことができます。

パラメータ設定

『Change color on slope change』ストキャスティクスの角度で色が変化
『Change color on middle line cross』 レベルをクロスしたら色が変化
『Change color on outer levels cross』外側のレベルラインとクロスで変化
『Change color on opposite levels cross』 反対側のレベルラインをクロスしたら色が変化
『Change color on signal cross』シグナルラインとクロスしたら色が変化

※レベルラインはパラメータの『ShowLevels』でONにできます。

設定は多機能ですが、あくまで単体のストキャスティクスではありますので、過信せず他のインジケーターとの組み合わせを推奨です。

亀吉
亀吉
通貨によって設定を細かく変えられるのはいいですな
たつお
たつお
時間もタイミングも条件も変更ができるインジケーターは珍しいですからね~
フィボナッチの使い方
日本人が知らない正しいフィボナッチの使い方皆さんこんにちは、わたくしインジケーター倉庫に寄稿させていただきました、フィボ太郎と申します。 ここを読んでくださっている方は、ほ...

 

MT4のパラメータ設定

DSL Stochastic Velocity MTFインジケーター

初期設定ではサインがドットでわかりにくいので、『arrowsUpCode』を233、『arrowsDnCode』を244にすると矢印に変わって見やすいです。

『Period』関連でラインやサインのタイミングの微調整ができます。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)