インジケーター

出来高加重平均のバンドを描写するインジケーター「XU-VWAP button」

VWRPインジケーター

サインなし  移動平均線系

BO自動売買不可能

VWAP(Volume Weighted Average Price:出来高加重平均価格)を7本のバンドで表示してくれるインジケーターです。

各ラインは抵抗帯として機能します。

1時間足未満は日足基準のVWRPが、1時間は週足、4時間は月足基準でバンドが描写されます。

XU-VWAP buttonインジケーターの利用方法

VWRPインジケーター下にある『VWRP』のボタンで表示のオンオフができます

 

VWRPインジケーター黄色のラインは特に意識される抵抗帯です

VWAPは出来高を計算してライン化しますが、FXには株のような出来高はありませんので、どの価格にティックがどれだけ滞在したかで大体の出来高を計算しています。

連続性はなく、毎日新しく書き直されるため、開始時から終わりにかけてどんどん拡大していくという特性があります。

基本的にはボリバンや移動平均線のような使い方で、真ん中の黄色いラインをブレイクした方向に価格は移動しやすいですし、7本ある各バンドは相場急変時などのサポートラインの目安として機能します。

亀吉
亀吉
ちなみに精度の高い出来高にこだわるのならば、オアンダのオーダーブックを利用するのが一番良いです
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

 

MT4のパラメータ設定

VWRPインジケーター

殆どの数値は表示関連で数値を変えても影響は少ないですが、『DayStartTime』は何時を開始として1日を区切るかのパラメータで、この時間を変えるとラインがまったく別物になります。

海外フォーラムでは、ドルストレートだったらロンドン・NY時間開始前後、クロス円ならばシドニー・東京時間前後に開始時間を設定するように推奨されています。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 FXやバイナリーオプションで使える有料級のツールを厳選して配布してお...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)