タートルズ

MTF_PriceChannel

1983年、伝説の商品トレーダー、リチャード・デニスは友人のウィリアム・エックハートと賭けを行い、人は誰でもトレード手法を教えられれば稼ぐことができるということを証明するために、ある実験を行いました。

自分のお金を使って、投資初心者に自分の手法を実践してもらったのです。

はたしてこの実験の結果はどうだったのでしょうか?

デニスとエックハートの実験

1980年代初頭、デニスは5,000ドルにも満たない初期投資を、1億ドル以上にまで高めた圧倒的な成功者としてトレーディングの世界で広く認められていました。

デニスとエックハートは、自分たちの成功の要因についてよく話し合っていました。

デニスは、先物取引は誰にでも教えられると考えていたが、エックハートは、デニスにはトレードの特別な才能があったから成功したのであって、一般人に手法を教えたところで成功はしないと反論していました。

そこでデニスは、この議論に最終な決着をつけるためにある実験をエックハートに提案しました。自分のお金と手法を一般の人に与えてトレードをしてもらい、実際に勝てることを証明すると言ったのです。

二人はさっそくバロンズ誌、ウォール・ストリート・ジャーナル誌、ニューヨーク・タイムズ誌に、トレーディングの弟子を募集する大きな新聞広告を出しました。リチャードは有名なトレーダーだったので、1,000人以上の応募があったといいます。

そして、その中から10人のトレーダーを選びました。

職業は、シカゴ大学の言語博士号を持つ者、弁護士、会計士、ギャンブラー、警備員、投資未経験の若者など様々です。

この時集められた10名を、デニスがシンガポール旅行中に訪れた亀の飼育場にちなんで『タートルズ』と名付けられました。

デニスはさっそくタートルズをシカゴに招き、自ら2週間の研修を行いました。そして研修後、彼らは資金と取引口座を与えられ、じっさいに取引戦略を実行したのです。

タートルズはその後、4年間で80%を超える複利のリターンを得たことから、金融史上最も有名で成功した実験の1つとなりました。

デニスの実験は、トレーダーは取引経験がほとんどなくても、比較的シンプルなルールを教えてもらえば、優れたトレーダーになれることを実証したのです。

それ以来、タートル流のトレード手法が記された本や購読サービスがいくつも出版されました。

タートルズへの批判

実はタートルズの実験は、長年にわたって批判されてきました。

1,000人の応募者がなぜ10人に絞られたのか、その経緯が明らかにされていない点が批判の対象となっているのです。

例えば、10人の参加者を選出する方法が無作為ではなく、元々IQが高く、ルールを忠実に守る素質のある人だけを選んだのかもしれません。

もしそうであれば、一般の実務者は研究参加者よりも戦略に従う能力が低いかもしれないので、研究結果は誇張されているということになる可能性があります。

 

タートルズの手法

デニスがタートルズに教えたトレード手法は、取引を成功させるために必要なすべての判断を網羅していると言われています。どの市場で取引するか、ポジションサイズの決め方、ポジションの出し入れのタイミングなどです。

このシステムの基本的な考え方は、「トレーダーは自分の判断を曇らせてはいけない」というものです。そのためには、自分の判断に惑わされず、システムで定められたルールに忠実に従うことが大切です。

しかし同じ内容で育成したにも関わらず、成功したトレーダーも失敗したトレーダーもいたことは留意して置かなければいけません。

タートルズの手法ルール

タートルズの基本的な戦略は一言でいえばトレンドフォローです。タートルズの基本的な投資戦略は、実はとても単純なブレイクアウトからのトレンドフォローでした。

  1. 取引市場:タートルズは流動性の高い先物取引をターゲットにしました。FX、コモディティ、国債、S&P 500などです。
  2. ポジションサイズ:タートルズは市場のボラティリティに合わせてポジションサイズを変更しました。こうすることでポジション価値の変動を平均化することができるからです。また、市場の流動性を測定するために、20日指数平滑移動平均を用いました。
  3. エントリー:エントリーする際は、2種類の異なる方法が用いられました。1つ目の方法は、20日間の高値をブレイクアウトする瞬間に買い、20日間の安値のブレイクアウトでは売りを仕掛ける手法です。もうひとつは55日の高安を基準としたブレイクアウト戦略です。取引きの兆候を見逃すと利益獲得のチャンスを逃し、それらが重なると全体的なパフォーマンスが落ち込むため、タートルズはすべての兆候を確実にキャッチするよう教え込まれました。
  4. ストップロス:タートルズは、予想外の損失を被ることを事前に防ぐため、常にストップロス(損切りの注文)を使用するよう教え込まれました。また、よりボラティリティが高い市場には、より幅広い値幅のストップを付けるといった工夫も取り入れました。
  5. 清算ルール:早期にポジションを清算する場合、その取引で利益を得る可能性が小さくなる傾向があります。そこでタートルズが学んだ取引ルールの1つが、多くの取引を行うことでした。そのうち、大きな利益を生んだのはごくわずかでしたが、同時に損失額も少額でした。
  6. 戦略:タートルズは指値注文の使用と変化の速い市場に対処する方法を叩き込まれました。また、モメンタムから利益を得るために、最も強気な相場で買い、最も弱気な相場で売ることも教わりました。

タートルズの事例ではエッジのある取引を続けることの大切さや資金管理の重要性、さらにはルールに従い取引を続けることの大切さを学ぶことができます。

ドンチャン・チャンネルドンチャン・チャネルは、米国の投資家、リチャード・ドンチャン氏が提唱したテクニカル分析の1つで、チャネルベースのテクニカル戦略です。 この指標は、最高値と最安値の更新値がバンドとして描画され、主にトレーダーがブレイクアウトやリトレースメント見極めるために使用されます。別名HLバンドや、プライスチャネルとも呼ばれます。...
ATRインジケーター
ボラティリティからロットや損切り幅を自動計算するインジケーター「ATR-Risk-Calculator-Indicator」 サインなし  ロット自動計算・資金管理 BO自動売買不可能 こちらのATR-Risk-Calculator-In...
口座開設数訴求