ドンチャン・チャンネル

ドンチャン・チャネルは、米国の投資家、リチャード・ドンチャン氏が提唱したテクニカル分析の1つで、チャネルベースのテクニカル戦略です。

この指標は、最高値と最安値の更新値がバンドとして描画され、主にトレーダーがブレイクアウトやリトレースメント見極めるために使用されます。別名HLバンドや、プライスチャネルとも呼ばれます。

タートルズという投資集団が用いたことで有名になりましたね。

 

ドンチャンチャネルの使い方

ドンチャンチャンネル

ドンチャンチャネルは、現在の価格の勢いを判断材料とするトレンド取引の指標です。

3本のバンドを使い、上限バンドは前足の最高値、下限バンドは前足の最安値で計算され、真ん中の線(Mバンド)は下限バンドと上限バンドの平均値です。

チャネルの傾きが上方向に向かっている時、強気のトレンドを示しており、反対に、傾きが下方向へ向かって動いている場合は、弱気のトレンドを示しています。また、このバンドの幅が大きいほどボラティリティが高く、幅が少ないほどボラティリティが低いことを表します。

ドンチャンチャネルのエントリーポイントとしては、基本は順張り方向に入ります。

まず上下のバンドで傾きを見てトレンドを確認します。もしここでバンドが上方向に向かっている時に、ローソク足がMバンドを下から上へ抜けていれば買いエントリーで、売りはその逆です。

 

 

ドンチャンチャンネルの計算方法

ドンチャンチャネルの計算では、HIGHバンド(アッパーバンド)、LOWバンド(ロワーバンド)、Mバンド(ミドルライン)を別々に計算します。

H(HIGH)バンド:過去n期間の最高値
L(LOW)バンド:過去n期間の最安値
Mバンド(ミドルライン)(HIGHバンド - LOWバンド)/2

nは、分、時間、日、週、月など、対象となる測定期間に応じて異なる期間の長さとなり、期間は測定対象となる期間の数となります(例:30分、24時間、20日、1週間、6ヶ月)。

典型的なドンチャンチャネルでは、1ヶ月の平均的な取引日数である20日間の取引期間を使用します。

どんちゃんブレイクシステム
ドンチャンブレイクサインツール「DonchianBreakoutSystem_v1.1.2 button」リチャード・ドンチャンという方が開発された、ドンチャンチャンネルを利用した過去n日間の高値あるいは安値をブレイクしたらエントリーするというシンプルな手法です。 トレンドの発生している相場では激強で、ヨコヨコのときは激弱な手法ですが、昔タートルズという投資集団が荒稼ぎした有名な手法でもありますのでオマージュということでご紹介しておきます。...

 

口座開設数訴求