インジケーター

市場時間を区切って表示してくれるインジケーター「TradingSessions」

TradingSessions

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .ex4

TradingSessionsは東京、ロンドン、NY時間を分けて表示してくれるインジケーターです。

パラメータからオセアニア時間を追加することも可能です。

TradingSessionsインジケーターの利用方法

市場を区切るローソク足を市場ごとにボックスで区切ってくれます

 

TradingSessionsこれから開始される市場時間は、チャート右側にラインが引かれます

 

TradingSessionsはごく一般的な市場を区切るインジケーターですが、作りが丁寧で交換が持てます。

各市場のON-OFFと時間調整はもちろん、サーバータイムの設定(解説はシストレファクトリーさんのHPが参考になります)や、直近の開始時間のラインの変更、色変更でDarkモードとLightモードが切り替えられるのも良いです。

市場を区切るインジケーターの種類は豊富で、機能も色々とあるのでご自身にあったものをこちらからどうぞ。

亀吉
亀吉
市場時間が変わると、これまでのトレンドがガラリと変わったりしますね
たつお
たつお
相場の参加者が入れ変わりますので、ボラティリティなども一気に変わることが多く、市場の切替時間を把握しておくことは重要ですよ
投資を始めたばかりで資金が少ない時の裏技
FX業者のボーナス現金化
FX業者の口座入金ボーナスを現金化して貰う方法 FX業者の口座入金ボーナスを現金化して合法で出金する方法 どうも皆さんこんにちは、FXトレーダーの豆柴です。 この手法は、以...

 

MT4のパラメータ設定

TradingSessions

初期設定ではオセアニア時間がオフになっているので、必要な方は『Sydney』をONにしてください。

『Short Name Length』は市場の名前の文字数変更、『Sever Time Offset』はサーバータイムの調整、『Past Sessions to Show』は過去どれくらいまで遡ってボックスを表示するかの設定です。

『Future Sessions to Show』はチャート右側の垂直線の本数設定ですが、4 Sessionsにしたい場合は、Sydney時間を事前にONにしておく必要があります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。