amazon sell
インジケーター

サポレジラインを自動表示してくれるインジケーター「SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4」

SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4

サインなし  サポレジ判断系

ファイル形式 .mq4

チャート上にサポレジラインを自動表示してくれるインジケーターですが、一般的なインジケーターと異なるのは、サポートの強さや種類も自動で判別してくれるという優れものです。

SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4インジケーターの利用方法

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』サポレジはラインではなくボックスで表示されます

 

『SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4』青の『Test Count』は何回サポレジが機能したか、赤の(◯◯◯p)は左側のボックスの幅を表しています。(pはpointoの事なので、545pなら54.5pipsです)

 

SS_SupportResistance_v07.53はサポレジを表示するインジケーターの中でもかなり多機能で、フラクタルやマルチタイムフレームも実装されている高機能なツールです。

描写されるサポレジボックスは下記の5種類に分別されます。

  1. verified Resistance…サポレジとして機能したライン
  2. possible Resistance…これから試されそうなライン
  3. untested Resistance…まだ試されていないライン
  4. weak Resistance…弱いサポレジライン
  5. turncoat Resistance…突破されたサポレジライン

サポレジとして意識するべきなのは『Verified Resistance』ですね。TestCountが多ければ多いほど硬いサポレジラインということになります。

 

亀吉
亀吉
ちなみにサポレジの幅に関して太い細いは特に関係ないです
たつお
たつお
まあ細いほうが判断はしやすいかもしれませんね
実際に反発が起きた回数を計算して抵抗帯を引くインジケーター
抵抗帯インジケーター
実際に反発した抵抗帯ラインのみを表示「ResistanceLineSeeker」 サインの出る回数 普通   サポレジ系 AutoMultiTraderでの自動売買化 可能 ファイル形式 .ex4 ...

 

パラメータ設定

パラメータ

青枠でサポレジラインのONOFFができますが、weakなどは削除しても良いかもしれません。

また赤枠に移動平均線のフィルターがあることが示唆されていますが、イマイチ条件がわかりません。ここについて解説されているサイトもないので、開発者のアナウンス待ちですね。

 

 

自動売買はVPS
VPSを使えばPCの電源を切っても自動売買が可能に! VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、PCか...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。