インジケーター

サポレジラインを自動で表示してくれるインジケーター「shved_supply_and_demand BT」

自動でサポレジを表示するインジケーター

サインなし  自動サポレジ表示

BO自動売買不可能

shved_supply_and_demand BTはサポレジゾーンを表示+その抵抗帯で何回反発があったかで強度を判別してくれるインジケーターです。

左上に表示のオンオフボタンがついておりますので、チャート分析の邪魔にもなりません。

自動サポレジの活用方法

自動でサポレジを表示するインジケーター各サポレジは強さによって色分けされます

 

自動でサポレジを表示するインジケーター色やラインを引く箇所の調整も可能

 

各サポレジはゾーンで表示されます。

それぞれ右側にラベルが付きまして、まず『Retests = ◯』と数値がありますが、これはこのゾーンで何回反発があったかをカウントしており、回数が増えることで抵抗帯の強度を分類してくれます。

サポレジゾーンの分類

Turncoat Resistance:一度突破されたレジスタンスゾーン

Turncoat Support:一度突破されたサポートゾーン

 

Weak Resistance:弱いレジスタンスゾーン

Weak Support:弱いサポートゾーン

抵抗帯として強くないものに表示されます。

Untested Resistance:実績のないレジスタンス

Untested Support:実績のないサポート

過去の目立つフラクタルを使って抵抗帯と判断しますが、まだ反発が未確認のゾーンです

Verified Resistance:確認済みのレジスタンスゾーン

Verified Support:確認済みのサポートゾーン

1回~の反発があったサポレジゾーンです

Proven Resistance:実績のあるレジスタンスゾーン

Proven Support:実績のあるサポートゾーン

4回~の反発があった強固なサポレジゾーンです

 

 

亀吉
亀吉
スキャルピングなんかをやっていると、つい視界が狭くなってしまったりしますが、こういうサポレジゾーン分けを自動で描写してくれるのはとっても便利ですな
たつお
たつお
ここに正しいフィボナッチなどと組み合わせればとても優位性の高いトレードができますね!
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

 

MT4のパラメータ設定

自動でサポレジを表示するインジケーター

 

サポレジゾーン分別に関わる重要なところとして、一番上の『BackLimit』は過去のどこまで遡るかの数値で、ここを増やせば視界に入らないゾーンもわかりますが、基本は1000くらいで良いと思います。

pus1の『zon_show_weak』をfalseにすると弱いゾーンを表示しなくなって見やすくなります。これはfalseで良いと思います。

そして『zone_fuzzfactor』の値を上げるとゾーンが広くなります。しかしどちらかと言うと0.5など小さくしたほうが、よりタイトにサポレジゾーンが表示されて使いやすくなるかと思います。

pus2の『fractal_fast_factor』と『fractal_slow_factor』はサポレジゾーンを判断するフラクタルの細かさです。どちらも数値を少なくするとゾーンが細かく判断されるようになります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 FXやバイナリーオプションで使える有料級のツールを厳選して配布してお...

 

サポレジ関連インジケーター

抵抗帯ブレイクインジケーター
★全通貨を監視して抵抗帯ブレイクを狙うインジケータ サインあり  ブレイクアウト手法 BO自動売買不可能 このインジケーターは全通貨ペアの抵抗帯ブレイクを監視し、全...
ピボットインジケーター
ピボットのサポレジラインを引いてくれるインジケーター「fxr_pivot-points-extra」ピボットは主にデイトレードなどの短期トレード使われるテクニカル指標です。 前日の高値・安値・終値の3つから算出されるシンプルな抵抗帯で、アメリカでは非常に人気のある指標です。...
マレーチャンネル
マレーチャンネルのサポレジにラインを引いてくれるインジケーター「Murrey-levels-system」Murrey Channels(マレーチャンネル) を用いたサポレジにラインを自動で引いてくれるインジケーターです。 マレーチャンネルは64期間のなかで高値と安値をとり、その中で価格を8つに分割して表示します。そして区切ったそれぞれの場所によって今後の価格の動きを予測します。...
SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4
サポレジラインを自動表示してくれるインジケーター「SS_SupportResistance_v07.53 (filter alerts MA).ex4」 サインなし  サポレジ判断系 BO自動売買不可能 チャート上にサポレジラインを自動表示してくれるインジケーターで...
サポレジ表示インジケーター
時間帯別のサポレジを自動で描写してくれるインジケーター「KG Support and Resistance button」 サインなし  サポレジ判断補助 BO自動売買不可能 時間帯別のサポートレベルとレジスタンスレベルを自動描写してく...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)