サインツール

RSIの勢いが弱くなったらサインをだす「RSI_lowdown」

RSI_Slowdown

サインの出る回数 普通   逆張り系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

RSI_SlowdownはRSIをベースにしたサインツールです。

サインの条件は閾値を超えた状態で、RSIの値が1以上変わらない場合に勢いが弱くなったと判断してサインを出してくれます。

RSI_Slowdown利用方法

RSI_SlowdownこちらはRSIを一緒に表示してます。初期設定ではRSIが2に設定されています

 

RSI_Slowdown閾値を超えた後にRSIが下落しても、動きが活発ならばサインは出ません

 

RSI_Slowdownの基本は逆張りです。

通常のRSIとくらべて戻りを確認してサインを出す分、反応は遅くなりますがダマシには引っかかりにくくなります。

また、RSI_Slowdownのロジックは他のインジケーターロジックにも良く組み込まれるのですが、ここからダウンロードできるファイルはmq4ファイルなので、コードが書ける方は転用も可能です。

亀吉
亀吉
単体で使うタイプのインジケーターではないので、フィボ太郎さんの水平線のようなサポレジ系インジケーターと合わせると良いですよ
たつお
たつお
もちろんそのまま自動売買に使うのもあまり勝率がよくないので注意ですよ
業者を変えるだけで損益が年間数万円変わってきます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

RSI_Slowdown

『RSI Pderiod』で期間を変更できます。2~4の間がおすすめです。

『Signal Level』のパラメータでRSIの閾値を調整、『SeekSlowdown』は減速を検出するかどうかのパラメータで、基本はtureのままにしてください。

あとわかりにくいところとして、『Bar』がありますが、これは矢印の位置をずらすもので、+側に動かすと右へ、-側に動かすと左に矢印がでるようになります。

 

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。