インジケーター

リスクリワードレシオが簡単に扱える「RiskReward_Ratio_TradingView」

リスクリワードインジケーター

サインなし  リスク管理

BO自動売買不可能

メタトレーダーのライバルでもあるチャートソフト、トレーディングビューについているリスクリワードレシオをMT4でも使えるようにしたインジケーターです。

見た目はほぼ同じで、MT4はダブルクリックでラインをアクティブにしてからの移動ですが、使い勝手は悪くないです。

RiskReward_Ratio_TradingViewインジケーターの利用方法

 

ラインは自由に移動可能

 

リスクリワードインジケーター初心者がなかなかたどり着かないリスクリワードの考え方が学べます

 

リスクリワードレシオは、エントリーから利益確定位置と損切りの位置の比率を表示します。中央のopenラインがエントリー位置で、stoplossが損切り、takeprofitが利益確定位置です。

そして緑が含み益ゾーン、赤が含み損ゾーンで左下には数値でリスクとリワードの比率が表示されます。

トレードの基本として利益確定と損切りの位置は、エントリー前に決めておく事が大切ですが、この利益と損失の比率が少なくとも1.2 : 1以上になるようにします。

つまり利益のほうが常に多くなる位置でエントリーし続けなければ長期的には勝てません。

しかし利益が多く取れるように設定するとそこに辿り着く前に戻ってしまう可能性も上がりますので勝率は下がります。

ですので、上手な人はそれを踏まえて逃げたりしっかり握ったりができるのですが、初心者は概ね、利益確定位置に辿り着く前に利益確定をしてしまい、損はラインを超えてからということをやってしまいます。

そんなトレードを繰り返せばトータル負けは確定です。

ですので、このリスクリワードレシオを使って毎回自分のエントリーがきちんと見合ったものかどうかを確認しながらエントリーするのがおすすめです。

亀吉
亀吉
実際相場で長く生き残っている人は、勝率が低く、リワードが高い、つまり利益を伸ばせる人が残っています
たつお
たつお
勝率にこだわるのもいいですが、細かいトレードでは大きな利益は望めませんからね
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

 

MT4のパラメータ設定

リスクリワードインジケーター

パラメータの殆どは表示に関するものです。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 FXやバイナリーオプションで使える有料級のツールを厳選して配布してお...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)