サインツール

2つのロジックからトレンドを把握するサインツール「Renko Street Trading System」

renkoサインツール

サインの出る回数 多め   トレンド順張り系

BO自動売買可能  インデックス HIGH3 LOW2(自動売買業者に要相談)

2つのチャネルと、トレンドを計測するサブチャートのバーの2つの方向が一致した時にエントリーするサインツールです。

ファイル名にrenkoと付いているので練行足がベースになっているのと思うのですが、見た目からはちょっとわからないです。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、設定されているインデックスには下のバーのフィルターが考慮されていないのでそのままでは精度が落ちます。

サインを完璧に拾うようにするには、そのままでは難しいと思いますのでお使いの自動売買業者に相談してみてください。

Renko Street Trading Systemの利用方法

renkoサインツール

Renko Street Trading Systemはサブチャートのバーでトレンドを把握し、上下2つのチャネルタッチでエントリーサインが出た時に、バーの方向と一致するサインが出たらエントリーします。

左上に通貨一覧が表示されていますが、ここにはトレンド方向と勢いが表示されますが、勢いのある通貨に切り替えてトレードすると勝率が上がります。

時間足は5分以上での利用を推奨です。

亀吉
亀吉
設定がちょっと面倒だけど丁寧に作られているインジケーターで好感持てるなあ
たつお
たつお
手法としても悪くないですもんねこれ

 

インジケーターをパワーアップする方法
インジケーターの勝率を上げる方法
インジケーターの勝率を上げる自動売買フィルターバイナリーオプションのお話になりますが、当サイトでダウンロードした「エントリーサインが出るインジケーター」は、各業者さんが出している自動...

パラメータ設定

たつお
たつお
こちらのインジケーターは複数ファイルが入っているので、導入を簡単に説明します

 

Renko Street Trading System

まずダウンロードしたファイルを展開すると、中に『Indicators』フォルダと『templates』フォルダの2つがあります。

『Indicators』の中に5つファイルがありますが、それらをすべてをフォルダから出してMT4の『Indicators』フォルダにいれます。

そして『templates』フォルダには2つのファイルがはいっていますが、それはMT4のMQL4フォルダと同じ階層にある『templates』フォルダに、元のtemplatesフォルダから2つのファイルを出していれます。

その後、MT4を再起動してください。

 

renkoサインツール

MT4が立ち上がったらMT4のチャート上で右クリックをして『定形チャート』を選ぶと上記のテンプレートが表示されますのでお好きな方を選んでください。エントリー位置はどちらを選んでも変わりません。

各種パラメータについては基本的にデフォルトで使用するタイプのものなので変更しなくて大丈夫です。

 

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

サインツールのパラメータ
バイナリーオプションの自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ① MT4のチ...
ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)