インジケーター

MACDにレンジを判断するバンドを追加「MACD_FlatMarketDetector」

サインなし  相場環境認識系

ファイル形式 .mq4

通常のMACDに、MACDの動きを監視する2本のラインを追加したインジケーターです。

シンプルですが、トレードをするべきでないところをわかりやすく教えてくれます。

MACD_FlatMarketDetectorインジケーターの利用方法

MACD_FlatMarketDetector通常のMACDに2本のバンドが実装されています

 

 MACD_FlatMarketDetectorMACDがバンド外かバンド内かで状況判断をします

 

MACD_FlatMarketDetectorの使い方としては、0レベルより上で青のMACDヒストグラムが上昇時には上昇トレンド、0レベルよりも下で赤いヒストグラムが下降時には下降トレンドという判断になります。

ヒストグラムの上下には2本のバンドが表示されていますが、MACDの値がバンドよりも外側にある時はボラティリティがあり、順張りエントリーに向いている相場、バンドの内側にMACDがある場合はボラティリティが無く、レンジという判断になります。

シンプルな作りですが、使いこなせば単体でも使えるインジケーターです。

亀吉
亀吉
MACDがバンド外にある時はポジションを持ったままで良いので、早めに利確してしまいがちなトレーダーさんの練習にもなりますな
たつお
たつお
レンジ判断は結構正確なので初心者さんにもおすすめですね
XMとか使ってると手数料がめちゃめちゃ引かれてる話
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

MACD_FlatMarketDetector

『AvPeriod』はバンドの反応速度で、値を小さくするとボリンジャーバンドのように曲線になります。

『Gamma』は偏差みたいなもので、ヒストグラムと2本のバンドの距離を調整できます。ポンドなど、ボラティリティの高い通貨では少し値を大きくしたほうが良いでしょう。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。