amazon sell
インジケーター

当日のピボットを表示する「PivotPointsLines_v1.1 button」

スタンダードピボット

サインなし  トレード補助系

ファイル形式 .ex4

チャートの右側にピボットを表示するシンプルなインジケーターです。

ピボット系のインジケーターは表示領域が広いものが多く、他のインジケーターと描写がぶつかってしまうものも多いですが、こちらはシンプルなので実際にトレードする際には使いやすいと思います。

また、ピボットの種類も4つから選べますので、通貨によって合っているものに変更すると使いやすくなります。

PivotPointsLines_v1.1 buttonインジケーターの利用方法

スタンダードピボットスタンダードなピボット

 

フィボナッチピボットフィボナッチピボット(正しいフィボナッチの引き方はこちら

 

camarilla ピボットcamarillaピボット

 

woodie ピボットwoodieピボット

 

このインジケーターは見た目としては当日のピボットを表示するだけですが、設定は充実しています。

マルチタイムフレームには対応していますし、価格ラベルなどの表示も可能、ピボットの種類も4種類から選ぶことが出来、人気なのはスタンダードなものとwoodieピボットですね。

まだ、左上の『PPL』というボタンから表示のONOFFを変更もできます。

亀吉
亀吉
ピボットは海外でとても重要視されているテクニカルなんで、これくらい邪魔にならなければ表示させといてもええですよね
たつお
たつお
メジャー通貨だとピボットって結構効きますからね~

 

FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

パラメータ設定

MT4のパラメータ

設定で重要な部分は『Pivot Point Fomula』でピボットの種類を選ぶのと、『Time Frame』で計算時間を設定するくらいで、あとは表示関連のパラメータです。

 

 

自動売買はVPS
VPSを使えばPCの電源を切っても自動売買が可能に! VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、PCか...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。