ケルトナーチャネル(Keltner Channel)

Keltner Channel

ケルトナーチャネルは、3本の独立したラインで構成されるテクニカル指標です。

移動平均線と、その上下2本のチャネルラインで構成されており、チャネルラインの計算にはATRが用いられています。

アメリカの穀物トレーダー、チェスター・W・ケルトナーが1960年に出版した著書「How to Make Money in Commodities」の中で紹介されて世界に広まりました。当初は移動平均線(SMA)が使用されていましたが、現在は指数移動平均(EMA)が使われています。

ケルトナーチャネルの計算式

Keltner Channel

・ケルトナーチャネルの中心はEMAの20期間

・上バンド=EMA20期間 +(ATR × α)

・下バンド=EMA20期間  -(ATR × α)

※αは一般的に1.5~2の間に設定されます。

たつお
たつお
ここでは20期間で紹介していますが、10期間も良く使われていますよ!

 

ケルトナーチャネルの使い方

ケルトナーチャネル

ケルトナーチャネルは順張り系のインジケーターです。バンドを抜けたらその方向へエントリーします。

中央ラインはそれぞれサポレジとして機能します。また、ボリンジャーバンドほどではありませんが、バンドの幅が拡大縮小します。

バンド拡大中はボラティリティが増えている時、縮小時はボラティリティが減っている時で、特に縮小が続いている時はブレイクアウトの予兆であることが多いです。

Hull moving average 2.0 & sr lines +arrows
ハル移動平均線+抵抗帯を表示するサインツール「Hull moving average 2.0 & sr lines +arrows」Alan Hull氏が考案したハル移動平均線(Hull Moving Average)を使用したインジケーターです。 移動平均線はトレンド方向ごとに色が変わり、色が変わった箇所から水平線が横に伸びる仕様です。 自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールです。...
Keltner Channel
1960年代に作られたバンド系インジケーター「Keltner Channels」ケルトナーチャネルは、3本の独立したラインで構成されるテクニカル指標です。 移動平均線と、その上下2本のチャネルラインで構成されており、チャネルラインの計算にはATRが用いられています。 1960年代にケルトナー氏によって発表され、1980年代に広まったボリンジャーバンドよりも歴史のあるインジケーターです。...
口座開設数訴求