インジケーター

ボードに相場環境を表示してくれるインジケーター「infoboard」

infoboardインジケーター

サインなし  相場環境認識

BO自動売買不可能

MT4のチャートに色々な情報を表示してくれるインジケーターです。

一般的な情報だけでなくローソク足のカウントダウン機能が付いていたり、各時間ごとのトレンドもひと目で分かるようになっていたりと、情報を表示してくれるボード系ではかなり使いやすい部類に入るインジケーターです。

infoboardインジケーターの利用方法

infoboardインジケーター

 

基本的なところは見たまんまで良いと思いますが、わかりにくそうなところとして、TIME REMAINはローソクのカウントダウン機能で、ティックを読み取って残り秒数をカウントしていますので、時計よりは正確な秒数ではありませんが目安としては使えます。

赤、黄色、緑の丸は、各時間ごとのトレンドです。赤が下降、黄色が中立、緑が上昇トレンドです。

100Days ATRは長期目線での通貨のATR、Today Hi-Loは当日の高値と安値の差、ATR/Spreadは高いと値動きが激しいということを表し、Current BarとPrev Barは現在のバーの高値と安値、前のバーの高値と安値です。

Tickvalueは1ロット取引のティック値、あとは短期取引と長期取引の両方のオーバーナイト取引のスワップコストも表示されます。

 

亀吉
亀吉
カウントダウンと全体のトレンドがすんごい便利
たつお
たつお
これ外人ウケ良さそうですねえ
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

パラメータ設定

infoboardインジケーター

いらない情報は消すことも可能

 

infoboardインジケーター

表示位置は、cornerを1~4の数値に変更したら四隅に移動します。微調整はoffset_xとyでピクセル単位で調整。

Days_For_ATRは100設定はちょっと鈍いので減らしたほうが良いかもですね。show◯◯はtrueをfalseに変えると表示が消えるのでお好みで調整してください。

たまに調整中に表示がバグることがありますが、再度パラメータ画面を開いて閉じたり、MT4再起動したら治ったりします。

 

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)