サインツール

抵抗帯を強くブレイクでエントリー「FractalsLine」

フラクタルインジケーター

サインの出る回数 普通   ブレイクアウト系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

ファイル形式 .ex4

ローソク足パターンのフラクタルが発生した箇所に水平ラインが引かれ、そのラインをローソク足が強くブレイクしたらエントリーサインを出すサインツールです。

バイナリーオプションの自動売買システム「AutoMultiTrader」で拾えるサインがでますので、取引の自動化が可能です。

FractalsLine利用方法

フラクタルインジケーター上の抵抗帯は赤、下の抵抗帯は青で表示されます

 

 フラクタルインジケーター大陽線、大陰線の出現でエントリーサインがでます

 

フラクタルによって上下の水平ラインが引かれた後ですが、大きなローソク足が上下のラインをブレイクしたら順張りでのエントリーとなります。

この大きなローソク足ですが、この判断にはATRが判断に使われているようで、パラメーターから設定が可能です。

勢いのあるトレンドが発生したときに上手く乗れるロジックなので順張り派におすすめのインジケーターです。

亀吉
亀吉
エントリーについては、フィボ太郎さんのフィボナッチのような第三波を捉えるような手法と組み合わせるとより精度が上がりますよ
たつお
たつお
このような順張り系ツールは損切りが浅くなる傾向があるので万人におすすめでございますよ

 

自分のトレードを自動化したい時。どんな業者に頼めばいいの?
EAやインジケーター制作業者の見分け方
EAやインジケーターを制作代行業者に注文する時の注意事項 色々なツール代行業者 「インジケーター 制作」といったワードでツール制作代行業者を検索すると、たくさんの業者の名前がでてきます。 ...

 

MT4のパラメータ設定

フラクタルインジケーター

『Volatility Scale』はブレイク時のローソク足の大きさ判断に使われる値です。

数値を減らすと小さなローソク足もエントリーサインがでやすくなり、増やすと小さいローソク足はエントリー対象から外されてサインがでなくなります。

大きなローソク足=勢いがありトレンドが続きやすいので、初期設定くらいがちょうど良さそうです。

『Bars』は過去◯本分にフラクタルを表示するかの設定です。ここを増やすとインジケーターが重くなります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。