サインツール

ボックスをブレイクでエントリー「DarvasBoxes-nmc」

サインの出る回数 普通   順張り系

AutoMultiTraderでの自動売買化 可能

ファイル形式 .ex4

一定期間内の高値安値でボックスを作り、そのボックスをブレイクした方向へ順張りのサインを出してくれるインジケーターです。

ChangeToEAなどを使ってFX取引の自動化、バイナリーオプションでしたらMixArrowForAMTでサインの合成なども可能です。

DarvasBoxes-nmcインジケーター利用方法

DarvasBoxes-nmc上にブレイクすると青、下にブレイクすると赤のボックスに色が変わります

 

 DarvasBoxes-nmcこちらはチャネルを表示したところ

 

DarvasBoxes-nmcの使い方はシンプルで、ボックスをブレイクしたら出現するサインの方向へエントリーです。

ボックス系インジケーターのコツとしては、短い足で取引する場合はボックスブレイクで飛び乗っても上位の抵抗帯で跳ね返される状況がよく起こりますので、1つ上の時間足と日足の抵抗帯くらいは把握しておく必要があります。

また、短いボックスだとブレイクしてもすぐに戻されるダマシも多いので、なるべく長いボックスブレイクを狙うというのもコツの一つです。

亀吉
亀吉
フィボ太朗さんの水平線の抵抗帯などは強力なので意識しておくと良いですよ
たつお
たつお
ResistanceLineSeekerなどの水平ラインも見れたら安全ですよね
FX業者の見えない取引手数料は年間10万円以上の差が出ます
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

DarvasBoxes-nmc

ボックスのサイズを変える場合、『DarvasMode』『PivotStrength』『RollingPeriod』の3つがありますが、一番変化がわかりやすいのが、『PivotStrength』です。

『BoxesMode』はボックス表示のON-OFF、『ChannelMode』はチャネルラインのON-OFF、『PivotMode』は意識される高値安値に付くドットのON-OFF、『GhostBoxesMode』は別ロジックで算出した抵抗帯になりうるボックスの表示のON-OFFで、オフが数字の「0」、オンが「1」で変更できます。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。 当サイトで配布しているツールのうち、タイトルに★マークがついている優...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダから②のファイルをだして、ファイル単体をいれてください)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。