サインツール

★回帰分析を使ったサインインジケーター

回帰分析インジケーター

サインの出る回数 多め   逆張り系

BO自動売買可能 インデックス HIGH0 LOW1

回帰分析を使った統計的なサインインジケーターです。

指定した過去◯本分から偏差を表示して抵抗帯を表します。

自動売買で拾えるサインがでますので、バイナリーオプションでの自動売買化が可能なサインツールですが、どちらかというとFXでの裁量向きなツールですので、自動売買で動かす前にはかならず十分な検証を行ってください。

回帰分析インジケーターの利用方法

回帰分析インジケーターデフォルトでは2本のバンドが表示されます

 

回帰分析インジケーターサインが出ていることと、ローソクがバンドにタッチする2つの条件が揃ったところを狙います

 

回帰分析インジケーター計算するローソク足の本数を変えるとバンドの幅も広がります

 

サインは直近のローソクの条件が揃ったら出現しますが、このサインだけでエントリーして勝つのはちょっと難しそうですね。数が多すぎます。

ですので、回帰分析のバンドにタッチしたタイミングとサインを組み合わせて利用していくことになります。

バンドは偏差(パラメータのkstd)、分析する過去のローソク足本数(bars)、平滑化(degree)などをパラメータから変えると幅が変化しますが、基本的には通貨のボラティリティに合わせて偏差を調整するくらいで、barsの期間はあまり変えなくても良いそうです。

barsを変更するとだいぶ幅が開きますので、偏差の値とセットで調整ですね。

亀吉
亀吉
このインジケーターは3つのインジケーターを入れて.tplで呼び出すタイプのものですよ
たつお
たつお
プレミア倉庫での配布となりますよ!
インジケーターをパワーアップする方法
インジケーターの勝率を上げる方法
インジケーターの勝率を上げる自動売買フィルターバイナリーオプションのお話になりますが、当サイトでダウンロードした「エントリーサインが出るインジケーター」は、各業者さんが出している自動...

MT4のパラメータ設定

パラメータ

『degree』はラインの滑らかさ、『kstd』が偏差、『bars』は過去のローソク足何本分を計算してバンドを表示するか、『shift』はバンドを上下に微調整するパラメータです。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

サインツールのパラメータ
バイナリーオプションの自動売買でパラメータの変更できない問題 ハイローオーストラリアで自動売買する時の注意 当サイトで配布しているツールには主に次の3種類があります。 ① MT4のチ...
ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)