インジケーター

細やかな設定が可能なピボットインジケーター「PivotPoints.All-In-One」

PivotPoints.All-In-Oneインジケーター

サインなし  トレード補助系

BO自動売買不可能

チャートにピボットを表示してくれるインジケーターです。

通常のピボットインジケーターは、前日の値動きを元にデータを計算して最新のものだけを表示してくれるシンプルなものですが、PivotPoints.All-In-Oneはパラメータから様々な設定ができる、オールインワンなピボットインジケーターです。

PivotPoints.All-In-Oneインジケーターの利用方法

PivotPoints.All-In-Oneインジケーター一般的なピボットインジケーターはこんな感じ。十分ではありますがね

 

 PivotPoints.All-In-Oneインジケーターこちらは10日分のデイリーピボットを10日分表示

 

日本でのピボットはデイトレードなどで利用されることが多いですが、海外では週単位のピボットとフィボナッチなどを組み合わせて長期の予測を立てるような使われ方もしています。

チャートにある青色の重要なPP(ピボットポイント)は下記の式で求めます。

PP(Pivot Point)=(高値+安値+終値)÷ 3

つまり、前日の真ん中の価格を求めていますね。

 

そして次に重要なサポートラインとレジスタンスラインの計算式は

S1(Support 1)= PP ー(前日高値ーPP)
S2(Support 2)= PP ー(前日高値ー前日安値)
R1(Resistance 1)=PP +(PPー前日安値)
R2(Resistance 2)= PP +(前日高値ー前日安値)

と非常にシンプルで、上記の計算で求めていることは、「前日と参加者が変わらなければこのあたりまでは届くだろうね」という考えに基づきますね。

 

亀吉
亀吉
ピボットと組み合わせるのは正しいフィボナッチがおすすめですよ
たつお
たつお
あとピボットの注意点として、基本的には当日の分析にのみ有効という考えですので、古いラインにこだわり過ぎないように気をつけてくださいね
海外FX業者比較
『XMはコストが高い!』本当に安い海外FX業者比較 すぐにおすすめ業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違い解説はこちらをクリック 海外FX業者のコストに...

パラメータ設定

PivotPoints.All-In-Oneインジケーター

『Calculation Method』はピボットの計算方法ですが、ここはデフォルトでOKです。

『Calculation Period』の基本はDailyですが、長期分析はweekやmonthを使います。

あとわかりにくい所として、『Depth of Levels』はサポートライン(S)とレジスタントライン(R)を何本表示するかと、『Right Shift』をtrueにすると最新ラインが右側ぎりぎりまで表示されるようになります。

 

 

自動売買はVPS
MT4の自動売買でVPSを使っていない人が損している事 VPSとはなんでしょう? VPSを開いてみた動画撮ってみました VPSは気軽にレンタルできるサーバーの一種で、自動売...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。
口座開設数訴求

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)