インジケーター

見えない窓あけを表示してくれるインジケーター「WRB Hidden Gap」

窓あけを見つけるインジケーター

サインなし  サポレジ系

BO自動売買不可能

WRB Hidden Gapは、休み明けや大きな資金が入った時にできる見えない窓あけ(ヒドゥンギャップ)を表示してくれるインジケーターです。

ヒドゥンギャップの入口直前は抵抗帯として機能し、ギャップの中は逆に価格が動きやすいという特性があります。

WRB Hidden Gapインジケーターの利用方法

窓あけを見つけるインジケーター青と水色の帯がギャップで、ピンクは2つのギャップが重なったところです。

 

 窓あけを見つけるインジケーターギャップ(窓)は埋まるとその後は機能しなくなります

 

窓あけを見つけるインジケーター初期設定では表示されるギャップが多いですが、パラメータで減らすこともできます

 

WRB Hidden Gapは水色と青色の2色でギャップが表示され、青色のほうが機能しやすいとのことですが、そこまで大きな差はありません。

実際のトレードでは、右まできちんと伸びているギャップのラインを見ながら、ギャップ手前では逆張り、ギャップの中に入ったら順張りで追いかけるという使い方が基本です。

亀吉
亀吉
日足、週足のヒドゥンギャップは特に機能しやすいですよ
たつお
たつお
上位足のヒドゥンギャップの中に入ったら、下位足で順張りという流れが王道の使い方です!
亀吉
亀吉
フィボ太郎さんの水平線などと合わせるとより効果的ですよ!
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

窓あけを見つけるインジケーター

『UseWholeBars』をtrueにするとヒドゥンギャップの検出に高値安値を使うようになります。

『WRB_LookBackBarCount』はギャップの検出に使うバーの本数ですが、変更しても影響は少ないです。

『StartCalculationFromBar』は過去◯本のローソク足までギャップを表示するかの設定です。初期設定では表示が多いので、『30』くらいにしておくとチャートがスッキリします。

『HollowBoxes』をtrueにすると帯がラインに変わります。『DoAlerts』をtrueにするとギャップにタッチした時にアラートが鳴ります。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

 

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)