インジケーター

RSIでエントリータイミングを測る「RSIOMA」

RSIOMAインジケーター

サインなし  相場環境認識系

BO自動売買不可能

RSIOMAはRSIを平滑化した青いラインとRSIを移動平均化した紫のラインを表示して現在の相場の強さを計測します。

また、4色のヒストグラムで相場の状況も教えてくれるインジケーターです。

RSIOMAインジケーターの使い方

RSIOMAインジケーター青いライン(平滑化したRSI)と紫のライン(RSIを移動平均線化)がメイン

 

RSIOMAこちらは同期間のRSIと比べたもの

 

RSIOMAヒストグラムは色によって判断が変わります

 

まずRSIOMAには青いラインと紫の移動平均線が表示されますが、これは通常の移動平均線と同じ用にゴールデンクロス、デッドクロスで利用することができます。

紫のラインを青いラインが下から上に抜けたらゴールデンクロスで買い、紫のラインを上から下に抜けたらデッドクロスのサインで売りです。

また、チャート下部に表示されるヒストグラムは緑が強気、赤が弱気、紫が買われ過ぎなのでそろそろ買い準備、赤が売られ過ぎなので売り準備です。

亀吉
亀吉
わかりやすいインジケーターなので、初心者さんにおすすめですな
たつお
たつお
実際のエントリーは、正しい水平線などを使って絞ってくださいね!
業者を変えると取引コストが月に5000円以上安くなったりしますよ
FX業者比較
海外FX業者を使っている人は注意!隠れコストを含めた本当に安い海外FX業者比較 すぐに隠れコストが低いFX業者が知りたい方はこちらをクリック 国内と海外FX業者の違いが知りたい方はこちらの解説はこちらを...

 

MT4のパラメータ設定

RSIOMA

『RSIOMA』は期間です。ここを変えると青と紫両方のラインが変更されます。『RSIOMA_MODE』は移動平均線の種類で、デフォルトではEMAが使われています。『RSIOMA_PRICE』は取得する価格で、デフォルトでは終値が使われています。『Ma_RSIOMA』は紫のRSI移動平均線の期間で、『Ma_RSIOMA_MODE』は同じく紫のRSI移動平均線の種類でデフォルトではEMAが選択されています。

『MainTrend』のパラメータを変更するとヒストグラムの色が変わりますが、こちらはデフォルトから変更しないことが推奨されています。

 

 

MT4インジケーター倉庫Premier
★MT4インジケーター倉庫プレミアMT4インジケーター倉庫プレミアは、会員様限定のページです。FXやバイナリーオプションのトレードで使える優良ツールを厳選して配布しており...

インジケーターをMT4にインストールする方法

①インジケーターをダウンロードするとzipファイルでPCに保存されますので、そのフォルダを右クリックしてファイルを『展開』しておきます。

②フォルダの中に『mq4ファイル』または『ex4ファイル』がはいっていることを確認します。

③MT4を開いて、画面上部の『ファイル』→『データフォルダを開く』→『MQL4』→『Indicators』フォルダに②のファイルをいれます。(この時必ずフォルダからファイルをだして、ファイル単体でいれてください。)

④MT4を再起動すればMT4のナビゲータウィンドウに追加したインジケーターが表示されているので、チャートに適用すれば完了です。

ABOUT ME
亀吉
インジケーターやEAが大好きな亀です。 MT4やMT5の便利ツールを配布しています。 皆が勝てるような平和な相場を願っている亀です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語以外の単語が多いと投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)